養生生活 季節編 ~梅雨~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

身体もじめじめする?梅雨の時期の養生法

さわやかな季節が終わると…次にくるのは 梅雨。

夏前の風物詩とはいえ、梅雨の時期はなんだか体がだるくて重いし、気分もすっきりしない。という人も多く見られます。

というのも、人間も自然の一部なので天候に体調が影響されるのは当然のこと。

特に中医学では、湿気の多い時期の体調不良を「湿邪」と結びつけて考えます。

 

中医学の六淫

湿は自然界に存在する6気「風・寒・暑・湿・燥・火」の一つ。これらが人体に入って身体に悪影響を及ぼすと、6つの邪気「六淫」となります。これに対し、体内の機能が低下することで身体の中から生じる5つの邪気を「内生五邪(内風・内寒・内湿・内燥・内火)」といいます。 引用<漢方の知恵袋>より

 

 

 

 

外湿(身体の外からの影響)と内湿(体内からでてくる湿)のどちらも身体にさまざまな不調を引き起こす原因となっています。

湿邪の特徴は 重くて粘り気があり、停滞しやすいこと。

身体のだるさや鈍い痛み、水分の停滞によるむくみ、胃の不調といった症状が現れますが、その症状は治りにくく、ずるずると長引くこともあるため注意が必要です。 

では どうしたら 湿から体を守ることができるのか?

具体的な方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

毎日発散して湿邪を貯めない

梅雨の時期は 毎日じめじめしていて気を付けていても外湿の影響をうけてしまいます。

頭や身体が重い、身体の動きが鈍くなる、いつも以上にむくみやすい、おりものが増える、皮膚のトラブル、尿のトラブル などが現れます。

また蒸し暑さからエアコンをつい入れてしまいがちですが、気温はそれほど高くないため、冷えすぎる傾向も。

身体が冷えることで気・血の巡りが悪くなり、余分な水分をため込んでしまいます。

 

なんだかだるいなぁ、気分がすっきりしないなぁというときは外湿が原因かも?

そんな時は余分な湿をため込まないようにするのがポイント

 

適度な運動により発汗させる 

⇒汗をかくことで体の外に湿をだし、血行がよくなり体の中の循環がよくなる

⇒湿の停滞を防ぐ

食べ物は 利尿作用のあるもの、香りの良いものを取り入れます。

お茶(ハトムギ茶・緑茶など) コーヒー スイカ しそ 緑豆(春雨・もやしなど) 

冷たいものは胃腸の働きを弱めるので、温かいものを食べるように心がけましょう。

 

脾胃を元気にする

脾胃は食べ物を消化、吸収して栄養や水分を全身に運ぶと同時に、体内の水分代謝を管理する大切な役割を担っています。このような機能が低下すると、外から入ってきた湿を取り除くことができず、脾胃の機能がさらに弱くなって内湿が生じます。

脾胃が弱ると 食欲がなくなる、食が細くなる、軟便・下痢、などの症状が現れます。

このような症状がでているときは、以下の食材をバランスよく取り入れて脾胃の調子を整えていきます。

脾胃を元気にする食材

いんげん豆 山芋 大豆製品 かぼちゃ 

脾胃を温める食材

しょうが 山椒の実 にんにく 唐辛子

薬味と言われる香りが強い食材や調味料は体を温めてくれます。※食べ過ぎると逆に胃を痛めるので注意

湿を取り除く食材

ハトムギ茶 とうもろこし あずき 鯵

脾胃は冷やすとその機能が弱まります。生ものやサラダなどは控え、ゆでたり、蒸したりして温かいものを食べましょう。

油っこい料理や、味付けの濃いものは胃腸に負担をかけるので、消化に良い温かい食事を心がけます。

 

肌寒かったり、蒸し暑かったりと気温差も激しいこの季節。

気候は人の力ではどうしようもありませんが、食べる物や生活習慣は自分で整えることができます。

少しでも快適に暮らせるように、できる範囲で 食養生 を心がけると、心も体も元気に過ごすことができますよ。

 

無理せず できるところから初めて見ましょう♪

 

 スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。