養生生活 ~夏の終わりの夏バテ解消編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

夏の疲れがでる季節。しっかり養生していきましょう♪

とにかく暑すぎた今年の夏。

わかってはいても、ついつい冷たいものを食べたり飲んだりしていたら、なんだか最近体が重だるい・・・

そう、それこそが 夏バテです。

今のうちに 夏バテを解消しておかないと、秋になっても「秋バテ」がでてくることに。

しっかり養生をして、さっさと夏バテを終わらせてしまいましょう♪

スポンサードリンク

夏はバテやすい?気・血・水のバランスが崩れやすいのが原因

中医学の気・血・水のバランス

夏は 高温多湿の気候のため 「気・血・水」のバランスがもっとも崩れやすくなる季節。

日中は厳しい「暑さ(暑邪)」が続き、熱帯夜で睡眠が不足すればさらに体力を消耗します。

また、「湿気(湿邪)」に弱い脾胃の機能が低下し、食欲不振や軟便の症状に悩まされることも。どうしてもあっさりした食事を取ることが多くなり、体力の維持も難しくなります。 

また、本来夏にはなかったはずの「冷え(寒邪)」も夏バテの大きな要因。

冷房による冷えや、冷たいものの摂り過ぎによる脾胃への負担は、疲れを回復する「陽気」の不足につながります。陽気が足りなくなると、身体の不調もなかなか解消することができません。冷房に頼って汗を抑え過ぎると代謝も悪くなるため、夏バテの症状がさらに強くなることも。夏の自然な暑さは、汗と一緒に身体の老廃物を排出し、代謝を活発にするためにも必要なものなのです。 

このような夏の不調をそのまま残しておくと、秋になっても体力が回復せず、抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなります。夏バテの症状はなるべく早く回復し、秋に向けて体調を整えるようにしましょう。引用:漢方の知恵袋

 

症状と対策

脾胃が弱くなっている時に見られる症状(原因:湿邪)

|倦怠感
身体の陽気が消耗されることで起きる症状。陽気は四肢を充実させ、身体を動かすエネルギーとなるため、汗とともに陽気が消耗すると疲れや倦怠感を感じるようになります。

|食欲不振
ビールやジュース、サラダ、刺身など、冷たいものや生ものの摂り過ぎで、脾胃が弱くなることが原因。栄養分の不足にも注意が必要です。

|下痢・軟便
水分の摂り過ぎが主な原因。脾胃の、水分を調整し栄養分を吸収・運搬する機能が低下し、また身体に栄養分を貯める機能が弱まることで起こる症状です。

 

脾胃を元気にする⇒甘味のある食材で脾胃を元気に!

山芋・じゃがいも・かぼちゃ・キノコ類・湯葉や豆腐・たまご・太刀魚・ごま・なつめ・クコの実・ぶどう・栗 など甘味の食材を使って弱った脾胃を補います。

味付けは煮物や蒸し野菜・スープ・味噌汁など温かく優しい味付けにするとよいでしょう。

<参考レシピ>

山芋のバターしょうゆ炒め

山芋ステーキ

材料:山芋・バター・塩コショウ・しょうゆ

1.山芋は皮をむいて輪切りにする

2.熱したフライパンにバターをいれ山芋を両面こんがりとやく

3.塩コショウをし、最後に醤油をひとまわしかけて出来上がり!

 

 

 

我が家でもよく作る定番のおつまみです。

ねばねば系の食材は生で食べると脾胃の働きを弱めます。なるべく加熱調理して食べましょう。

 

 

「肺」に影響が出ているときにみられる症状(原因:暑邪)

|肌の乾燥
汗による水分の流出は、肌の乾燥にもつながります。また、食欲不振から栄養分が不足したり、冷房にあたり過ぎたりすることも原因に。肌の乾燥は、さまざまな皮膚トラブルの要因にもなるので注意が必要です。

|息切れ
大量に汗をかくと、「水」だけでなく体内の「気」も一緒に流出します。「気」は肺と深い関わりがあるため、「気」が不足すると、息切れなど呼吸の症状が見られるようになります。

「心」に負担があるときにみられる症状(原因:暑邪)

|動悸
夏の暑さで大量に汗をかくと、汗とともに体内の「水」も流出してしまいます。身体の水分が失われると血液が濃縮し、心への負担となることから、動悸などの症状が現れます。

 

潤い不足を解消しよう!

水分不足気味のまま秋に入ると、ますます乾燥が激しくなります。

身体の潤いを補給するには食材にも気を使いましょう。残暑が厳しい時期は汗をかきすぎないように酸味のある食材を食べるのも潤いを保つのに効果的です。

身体を潤す食材:肺の働きを補ったり、津液や血を補うことで体を潤し呼吸器系のトラブルや、秋の乾燥が招く便秘や肌
のかさつきの解消に役立ちます。
*大根、れんこん、白ごま、百合根、山芋、卵、牛乳、豆乳、豆腐、いか、豚肉、牡蛎、白きくらげ、はちみつ、梨、柿、ぶどう

 

気を補う食材:気を補い、胃腸の機能を高めることで、秋から冬に流行りやすい風邪やインフルエンザなどに負けない、免疫力の高い体づくりに効果的。

*里芋、さつま芋、山芋、牛肉、鶏肉、いわし、さんま、さば、米、きのこ類、くるみ、栗、なつめ
one point

<参考レシピ>

れんこんといかの煮物

材料 レンコン・いか・にんにく・鷹の爪・ごま油

   醤油・さけ・みりん・てんさい糖  (分量は適宜)

1.鍋にごま油とにんにくのみじん切り、スライスした鷹の爪をいれ弱火にかける

2.香りがしてきたらスライスしたレンコンを炒める。

3.いかを加えさっと炒めたら、酒・みりん・てんさい糖・水・醤油を加え味がしみ込むまで煮る。

とっても簡単で、にんにくの香りがきいておいしかったです♪

 
 
 

酸味のある食材:酸味には収斂作用があり、汗や下痢を抑えます

梅干し・ざくろ・あんず・酢など

 

「全身」に影響が出ている(原因:寒邪)

|冷え性
冷えも夏バテの一つで、特に女性に多く見られる症状。冷房で身体が冷え、体内の「陽気不足」により運行不利(全身にエネルギーが行き渡らない)となったり、貧血気味の人は血行障害につながることもあります。血行が回復しないまま秋になると、強い冷えに悩まされることもあるので注意してください。

身体を温める効果のある温性の食材をとって冷えを追い出す

温める食材:身体を温める性質があり冷えに効果的

牛肉・鶏肉・羊肉・鮭・えび・しょうが・にんにく・ねぎ・もち米・にんじん・シナモンなど

油っこいものや、味の濃い調理ではなく、ホイル焼き・鍋・炊き込みご飯などで食べると脾胃に負担がかかりません。

<参考レシピ>

鮭のホイル焼き

鮭のホイル焼

材料 鮭・人参・しめじ・えのき・たまねぎ(野菜は好きなものを使ってok)

   塩・日本酒・レモン・ポン酢・しょうゆ

1.鮭は塩と日本酒をふりかけ下味をつける

2.アルミホイルに1の鮭と食べやすい大きさにきった野菜をのせ、綺麗に包み込む

3.熱したフライパンに2をのせ蓋をして15分ほど焼けば完成!

ポン酢やしょうゆ、レモンをかけて食べる

汚れ物もすくなく、しかもおいしくてヘルシー。鮭を鶏肉にしたり、海老を加えてもおいしく食べれます。

 

季節の変わり目は要注意

だんだんと涼しくなって、朝晩は冷え込むことも。

しかし日中はまだ暑さがのこったり…と季節の変わり目は温度変化もあり、体調を崩しやすくなります。

なんんだかいつもとちがって疲れやすい…と感じたら、まずは 早めに睡眠をとることが一番!

多少の不調は早く寝るだけで改善できます。

長く寝るのではなく、早く寝るのがポイント!

いつもより10分、20分、早く寝るとそれだけで体力が回復します。

特に秋の夜長は夜更かししてしまいがち。

できるかぎり早くねることを心がけましょう。

 

昼間は活発に活動し、夜はゆっくりとすごす。

冷たいものはなるべく控えて、温かいものを口にする。

甘いものは旬の果物でとる。

とにかく早く寝る。

を日々心がけ、いつも元気にすごせる身体づくりをめざしましょう。

 

 スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。