養生生活~だんだん肌寒くなる秋の養生~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

養生生活 ~秋の養生~

朝晩が涼しくなり、さわやかな風が吹き過ごしやすい季節ですが、乾燥が気になり始めるのも秋の特徴。

雨が少なく、空気が乾燥するため体内の水分蒸発が多く、津液不足になりやすくなります。

中医学では 秋は肺との関係が深く、肺や気管支のトラブル、口や鼻の乾燥、咳、空咳、口の渇き、唇の乾燥、肌や髪の乾燥、目の乾燥、鼻づまり、息切れ、乾燥による便秘など燥邪(乾燥の邪気)に冒されやすくなります。

 

夏に冷たいものをとりすぎて脾胃が弱り、そのままの状態を放置しておくことでだるい、疲れやすい、眠くなるなど秋まで不調を引きずることもあります。

 

脾胃と肺によい食事や生活を心がけ、食欲が出てくる秋の内に脾胃や肺を元気にすることで、風邪やインフルエンザなどの予防にもなります。

きたるべき冬へ体調を整えるように心がけていきましょう。

秋の養生のポイントなどをまとめてみましたので、参考にしてください。

スポンサードリンク

秋にとりたい食材

 秋は肺を潤すものを中心に食べ、乾燥の邪気から体を守り冬に備えます。

激辛料理・多量の酒・焼いたり煎ったりする料理など 乾燥させる性質の食材を食べる時は、甘味のものを一緒にとると良いでしょう。

 例)五行における甘味の食材

 クコの実・松の実・ナツメ・杏仁・米・小麦・豆類(大豆・黒豆・緑豆・あずきなど)・里芋・山芋・人参・かぼちゃ・キノコ類・たまご・鶏肉・ぎゅにく・さんま・梨・栗・柿・ザクロ・みかんなど

 

薬膳では「旬のものを食べる」のが基本。

なぜなら 旬のものはその季節にあった食材なので、その時の身体に必要な栄養や効能があるからです。

ただし、生食(刺身・サラダなど)は身体を冷やしてしまうので、温性の薬味(みょうが・シソ・ねぎ・しょうが・にんにく)を一緒に捕るようにしましょう。

 

効能別に適している食材

・津液(体の中の水分)を作る:甘酸っぱいもの

ザクロ・アンズ・ブドウ・ミカン・レモンなど

・肺を潤す:平性または偏りの少ないもの

落花生・杏仁(きょうにん)・ダイコン・山芋・白キクラゲ・黒キクラゲ

ナシ・ギンナン・いちじく・蜂蜜

ドジョウ・白魚・豚肉・うずらの卵など

・体の熱を少し冷ます甘味を含むもの:涼性/甘・辛味)

柿・ナシ・ビワの実・ユズ・菊花・ラカンカ・大根・ノリなど

・身体に潤いを与えるもの

豆乳・豆腐・黒豆・アンズ・クコの実・白きくらげ・牛乳・湯葉・レンコン・牡蠣・手手羽先・カモ肉・豚肉など

 

おすすめレシピ 

ジェノベーゼソース作り方♪簡単パスタ料理 

 
材料
 
バジルの葉   66枚(62g)
オリーブオイル  200ml
塩       小さじ1/2
にんにく(チューブ) 3cm
松の実     30g
★粉チーズ   適量
★パスタ    180g
 
 

1

写真

材料をそろえる

写真

ミキサーにオリーブオイルを入れ

写真

バジルの葉・松の実・にんにくを入れ

 

写真

塩をいれて、ミキサーで混ぜて、ジェノベーゼソースを作る

写真

塩小さじ1を入れた湯でパスタを茹で時間−1分茹でる

写真

5のジェノベーゼソースと6を混ぜる

写真

粉チーズをかけて、松の実をかけたら、出来あがり!

 

写真

余ったジェノベーゼソースは冷凍。

 

コツ・ポイント

ニンニク
性味:・温性 辛・甘
帰経:肺・脾・胃・大腸
効能:散寒通腸・解毒散結
適応症:風寒かぜ、食欲不振
チーズ
性味:・平性 甘・酸
帰経:肺・肝・脾
効能:補肺・潤腸・養陰・止渇
適応症:虚熱・消渇・便秘・皮膚病

松の実
性味:温性 甘
帰経:肝・肺・大腸
効能:養液熄風、潤肺止咳、潤腸通便

 
レシピID : 3963648 公開日 : 16/07/08 更新日 : 18/09/07

 

バジルはシソ科なのでシソの代用品になります。もちろんシソを使ってもおいしくできますよ♪

 

 

☺簡単あったか料理♪牡蠣の味噌豆乳鍋☺
材料 (2人分)
 
牡蠣(加熱用)   300g
じゃがいも    中4個
白菜(1/4カット) 外側の葉4枚
長ねぎ      1本
えのき      1パック
油揚げ      2枚
水        3カップ(600cc)
昆布だし(顆粒)   大さじ2
豆乳(牛乳でもOK) 2カップ(400cc)
みそ       大さじ5
砂糖       大さじ1
料理酒      大さじ3
片栗粉(牡蠣を洗う用)大さじ2 ・片栗粉(牡蠣にまぶす用) 大さじ2
 
 
1.じゃがいもは1cmの厚さの半月切りにし、水に5分ほどさらす
白菜は2cmぐらいの幅に切り、長ねぎは斜め切りにする。

2.えのきは根元を切り落として、小房に分けておく。厚揚げは熱湯をかけて油抜きをして、2cm幅に切る。

3.牡蠣はボウルに入れて、片栗粉を全体的にまぶし、そ〜っと優しく水で汚れと片栗粉をよく洗い流す。

4.キッチンペーパーで牡蠣の水気を軽く拭き取り、片栗粉を薄くまぶし余計な粉は叩き落としておく。

5.土鍋に水と昆布だしの素と1のじゃがいもを入れて、中火にかける。

6.10分ぐらいして沸騰してきたら、味噌と砂糖を料理酒で溶いて鍋に入れる。

煮立ったら、豆乳を加えて白菜と長ねぎを入れる。

7.スープが沸騰して、白菜に火が通ったら、牡蠣と油揚げとえのきを入れ、牡蠣に火が通ったら完成♪

8.〆のオススメはリゾット♪

炊いたご飯を入れ、スープが煮詰まってきたら、粉チーズとお好みで粗挽き黒胡椒を入れて召し上がれ♪
コツ・ポイント
・牡蠣もあまり煮過ぎないこと。
・スープはあまりグラグラ煮立たせないでください。豆乳が分離しちゃうことがあります(^^;
・お好みで、豆腐・マロニー・しらたきなどの具材を加えても。
 
牡蠣

性味:平性 甘・鹹
帰経:肝腎
効能:陰液を滋養し、血を補う

  ・心血を補い精神を安定させる

豆乳(大豆)

性味:平性 甘
帰経:脾・胃・台帳
効能:弱っている脾の働きを高め、利尿作用によって湿邪をとりのぞく

  ・身体を滋潤する

 

秋の養生のポイント

 

 

乾燥するとつい保湿剤等に目が行きがちですが、体のなかからの乾燥対策が重要なポイントになります。

一度にたくさん食べるのではなく、日々こまめに体を潤す食材をとるようにこころがけましょう。

秋の夜長はつい夜更かしをしてしまいがちです。早く寝るは養生の大事な基本ですので、なるべく早く寝るようにしましょう。

 

 

 

 スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。