音楽業界騒然の逸材!「ぼくのりりっくのぼうよみ」どんな人?で 「りりっく」の意味は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ぼくのりりっくのぼうよみ 歌詞と世界観が業界から絶賛!!

bokunoririku

ぼくのりりっくのぼうよみ

またまた、音楽業界に新たな大型新人 が登場!

その名も「ぼくのりりっくのぼうよみ」

?????

なんですか?

と思わず聞き返したくなる名前だけど、これが名前です(笑)

業界に詳しい人はともかく、りりっくってなに?という人も大勢いますよね?(かくいう私もその一人)

というわけで、調べて見ました!

「リリック」

「リリック」とは歌詞を意味します。英語では「lyric」と書きます。

歌詞という意味以外にも「叙情詩」という意味もありますが、基本的には歌詞という意味で捉えて大丈夫です。

この「リリック」という言葉は主にヒップホップで使われる言葉ですが、他のジャンルでもよくに使われています。音楽雑誌を見ても言葉を目にする機会が多いので、覚えておきましょう。引用:音楽用語講座より

つまり、「ぼくのりりっくのぼうよみ」といのは「僕の歌詞の棒読み」と訳せます(笑)

では その「ぼくのりりっくのぼうよみ」くんとはいったいどんな人なんでしょう?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ぼくのりりっくのぼうよみ

プロフィール 引用:ローチケHMVより

現役高校3年生(注 2/19めざましテレビにて、無事大学合格されたという情報。おめでとうございます♪)17歳。

早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。
高校2 年生だった昨年、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で、その類まれなる才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、既にTwitter のフォロワーは3,000 人を超えている。

これまで電波少女(DENPA GIRL) のハシシが主催するidler records から4 曲入りEP『Parrot’ s Paranoia』を発表しているが、今回が初めてのCD リリースとなる。他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、高校生というのが信じられない程のラッパー/ヴォーカリストとしての表現力が武器。
日本の音楽シーンに一石を投じる強烈な才能の登場である。

オフィシャルサイト
http://bokuriri.com

Twitter
オフィシャルアカウント:https://twitter.com/bokuriri_info
ぼくのりりっくのぼうよみ本人アカウント:https://twitter.com/sigaisen2

 

音源を聴いた誰もが、その凄まじいまでの表現力に溢れたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、そしてラッパー/ヴォーカリストとしての類まれな表現力に驚嘆する…そんなすごい才能の持ち主がまだ17歳!!

素顔はあどけなさの残るかわいい男の子って感じです。

bokunoririku2

なんだか 宇多田ヒカルがデビューした時のことをちょっと思い出しました。

どんな曲か聞いてみたいですよね?

ではこちらからどうぞ♪

 

ファーストアルバム「hollow world」

hollow world

発売中
VICL-64487/¥2,000+税
<収録曲>
1.Black Bird
2.パッチワーク
3.A prisoner in the glasses
4.Collapse
5.CITI
6.sub/objective
7.Venus
8.Pierrot
9.Sunrise (re-build)

追伸:その文章能力をかわれ、なんと2月5日発売の文藝春秋が発行する月刊誌『文學界』3月号にエッセイを寄稿

又吉直樹『火花』などを手がける同誌編集が、ぼくのりりっくのぼうよみ「sub/objective」のMVを観て、本人にエッセイを寄稿しないかコンタクトを取ったことから実現したそうです。

こちらも読んでみたいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す