連ドラ感想 2話まで見ると 一気に面白くなる モンテ・クリスト伯

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

モンテ・クリスト伯 来週から復讐が始まる!!

Ⓒフジテレビ

 

昨日第2話を見終わった時、「あ~、これおもしろ~い!!」となった モンテ・クリスト伯。

第1話と第2話が 序章 、第3話からいよいよ本編開始!という感じです。

今季のフジテレビのドラマ 私はかなり好きだなぁ。

 

月9 のコンフィデンスマン、火曜9時のシグナル。そして木曜10時のモンテクリスト伯。

どれも ザ・ドラマ な話なんですよ。

中途半端じゃないところがいいんです!

そんなん ありえないじゃん!と楽しく突っ込める方が逆にエンターテイメント性が高くて私好きなんですね♪

 

ちょいと話がずれましたが、ディーン・フジオカ主演のモンテクリスト伯。

ディーンさん、朝ドラ「あさが来た」以降のドラマっていまいちだったんだけど、今回はいいですよ!

はまり役。

第1話の最初のほうは、「う~ん。どうかなぁ?」って感じだったけど、昨日の第2話でピタッと役にはまった。

おお!来週見たい!!って思いました。

 

第1話と第2話をまとめたあらすじと相関図などをまとめてみました。

これを読めば、第3話からのお話が俄然面白くなりますよ♪

スポンサードリンク

漁師からテロリストへ

2003年、漁師の紫門暖(ディーン・フジオカ)は恋人目黒すみれ(山本美月)にプロポーズをし、無事受け入れてもらった。

 

そんな矢先、暖の乗った漁船「海進丸」が遭難してしまう。

町ではみんなが無事を祈っていた。

2週間以上たち、ようやく 海進丸が帰港。

バラジ船長が嵐で船上で命を落としたが、暖が船長の代わりになんとか船を扱い戻ってきたのだ。

大喜びする守屋漁業の面々。

しかしそんな中、スーツ姿の男たちが船の中で何かを探していた…

 

大事を取って入院していた暖だが、怪我もたいしたことなくすぐ退院。

すみれと母(吹雪ジュン)が待つ家に帰っていた。

そこへあの黒いスーツの男が暖のもとを訪ねてきた。

その男は刑事 入間公平(高橋克典)。船長のバラジがテロリストだと疑っていた。

 

暖はバラジ船長から 「もし自分が死んだときは、この手紙を届けて欲しい」と頼まれていた。

そのことを先輩の漁師神楽(新井浩文)に話をしていた。

神楽は、刑事がバラジをテロリストだと疑っていることを知っており、手紙は怪しいものじゃないか?と暖を心配して戻ってきていた後輩南条幸夫(大倉忠義)と一緒に飲んでいた地上げ屋の寺門類(渋川清彦)についしゃべっていた。

 

そして、何者かから警察に「暖がバラジの手紙を預かっている」と通報したのだ。

その通報をうけ入間がやって来たというわけだった。

Ⓒフジテレビ

最初、「これはバラジから預かった大事な手紙だから、自分が届けないといけない。約束したんだ」と譲らなかった暖だが、

「家族になんらかの被害が及ぶ可能性がある」

と言われ、しぶしぶ入間に手渡す。

中身を確認し、一瞬驚いたような顔をみせた入間。

暖が「英語で書いてあるから、内容はまったくわからない」というと安堵したかのように、その手紙を受け取り帰って行った。

 

 

暖とすみれの結婚式当日。

結婚式場に 警察が突然訪れ、暖は「テロリストに資金提供をしていた」と共犯の罪で連行されてしまう。

何が何だかわからない暖とすみれ。

しあわせの絶頂から 叩き落された。

 

入間は自分の父がテロリストへ資金提供していたことをしり、手紙の内容を書き換え、暖に罪をなすりつけたのだ。

暖は無実の罪をかぶせられ、身代わりとなって異国の地で牢獄されてしまう。

激しい拷問をうけるものの、何も知らない暖は話すこともできず、身代わりとわかってもそのまま牢獄されていた。

Ⓒフジテレビ

 

残されたすみれや母、守屋漁業の社長などは、懸命に暖の無実を証明しようとするが、できなかった…

 

スポンサードリンク

暖が牢獄されてから 何年もの月日が流れていた。

時間が流れていくだけの日々。暖はただそこにいるだけだった。

そんなある日、暖の目の前に とある老人が地面の下から現れたのだ。

 

その老人は、この国の元大統領だと言う。

「はぁ?」

と信じられない暖。だが老人は博識で、数か国語を話(日本語も話せる)、なんとか脱獄しようとしていた。

暖は「自分も手伝う」と言い始める。

最初は断っていた老人だが、暖と話をしていくうちに徐々に打ち解け、まるで息子のように暖にさまざまなことを教え二人で脱獄するための通路を看守の目を盗んでは毎日掘り続けていた。

老人の名前は ファリア真海。暖がここに連れてこられた経緯を話すと、なぜかその老人は暖が届けるはずだった「入間」という男の名前を知っていた。そしてそれは暖から手紙を預かった刑事の父だという。

そこから暖は 自分がなぜ捕まってしまったのか?誰にはめられたのか?を知った。

 

ある日のこと、ファリアの様子がおかしい。

「自分はもう長くない」と悟ったファリアは暖に

「自分が死んだらシンガポールにいけ。自分の隠し財産が貸金庫に入っている。暗証番号は覚えているな」と言って息絶えた。

 

ファリアは遺体袋にいれられ、海に放り込まれてしまう。

しかし、その中には暖が入っていたのだ。

無事遺体袋から脱出し、暖はその執念だけで日本へと戻っていく。

 

なんとか 故郷の海にたどり着いた暖だったが、自宅へ戻るとそこは更地になっていた。

体力も気力も無くなり、ついに倒れてしまう。

ちょうどそこへ 守屋漁業の長男で現社長信一郎(高杉真宙)が通りかかり、暖を助けた。

事務所で目を覚ました暖は、幼かった信一郎が立派な青年へと成長しているのも見て、感慨深い思いをしていた。しかし、信一郎はまったく暖のことに気付かず、ただのホームレスだと疑わなかった。

 

着替えをもらい、「このご恩は一生忘れません」と守屋漁業をあとにして、久しぶりの地元を散策する暖。

しかし、だれも暖のことには気づかない。

そしてすみれがいた喫茶店へと行くと、そこはカラオケスナックになっていた。

恐る恐る入る暖。しかし、すみれはそこにはいなかった。

店主が「もしかしてすみれちゃんのファン?料理研究家で超有名人の奥さんだもんねぇ。ときどきそういう人くるのよ」と今のすみれの様子を事細かに教えてくれる。

すみれは 暖の後輩で幼なじみの南条幸男と結婚していた。

しかも 売れない役者だった幸男が今や人気俳優になっていたのだ。

雑誌をみて複雑な気持ちの暖。

そこに一人の酔っぱらった男がからんできた。その男は地上げ屋の寺門だった。

 

店をでて、寺門を追いかけた暖。

海に落とし、「お前が 紫門の家を売り払ったのか!」と問い詰める。

すると寺門が思いもかけないことを言った。

「違う。あれは 神楽がやったんだ。紫門のばあさんから家をうばって、売り払って東京で不動産をしてやがる」

「なら、神楽が警察に通報したのか!手紙のことを」

と聞くと、寺門は驚きの発言をする。

「あれは、幸男だよ。南条幸男。幸男が暖をはめたんだ。すみれを奪うために…」

 

まさか、信頼していた幸男が自分を警察に。。。

愕然とする暖だった。

 

肝臓を患って入院していた守屋漁業の社長守屋栄一郎が亡くなった。

葬儀には入間・神楽・幸男・すみれも参列していた。

信一郎は莫大な負債を抱え、会社は倒産。

葬儀が終わると1人事務所へと戻ってきた。

 

片付けられた事務所の中に、クリーニングされた制服がかかっている。

不思議におもった信一郎は手に取ると、ズボンのポケットに一枚の封筒が入っていた。

中には「あの時は本当にありがとうございました」というお礼の手紙。

いつぞやのホームレスか とピンときた信一郎はうれしくなった。

そして、手紙と一緒に 1億の小切手入っていた。。。

 

暖はファリアとの約束通り、シンガポールへと渡り、大金を手にしていた。

そして 再び故郷へ戻ってきたのだ。

 

葬儀がおわり港で話している 幸男と神楽のもとへと近寄る暖。

しかし、二人は「暖は警察に捕まって、その後どうなったかわからない」と信じきっているので目の前にいる男が暖だと気が付かない。

 

暖は何事もなかったように、迎えに来たクルーザーで去って行った…

 

その姿を遠目から見かけたすみれは、クルーザーの男がなぜか気になっていた。

 

相関図

感想

いやぁ、突っ込みどころがありすぎるんですがww そこがなかなか面白かったです。

暖が舞い戻ってきて、目の前に現れてるのにだれも気付かない!!

そんなことある?

と思わず突っ込んでしまった。

でもこういうお話はこういうもんだ と思ってみると、すごく面白い!

 

原作は「巌窟王」

 

 

主人公エドモン・ダンテスが無実の罪で監獄に送られ、そこで長い年月を過ごした後、脱獄して巨万の富を手にし、モンテ・クリスト伯爵を名乗って自らを陥れた者たちの前に現れ、復讐する物語。

時代はナポレオンの時代なので、まぁちょっと大げさなのは仕方ない。

 

現代風にアレンジしてあるものの、いい意味で芝居臭くて、逆にそれが主役のディーン・フジオカにあっているんだよねぇ。

ディーンさんって、なんていうか お芝居 が似合う人。

あまりにも綺麗すぎて、現実味がない。だからこそ こういうお話のほうが向いているんだなぁって思いました。

 

いよいよ、来週から 暖もとい、モンテクリスト伯の復讐が始まります。

楽しみだなぁ。

 

第2話はティーバーで見れますが、第1話はまずは無料でお試し!【FODプレミアム】  で見れます。

ぜひ気になる人は暖のやられっぷりを存分にみてください。

展開も早いし、見てて引きこまれる感じですよ。

 

 

 スポンサードリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。