コンフィデンスマンJP プリンセス編 感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

やっと見ました!コンフィデンスマンJP「プリンセス編」

(c)コンフィデンスマンJP制作委員会

映画館で見よう♪

やっぱり、映画は映画館で見るのが楽しいですねぇ。

久しぶりの映画館。

感染対策で座席が1つづつ開けてあるし、しかも前の列には人がいないので(列ごとに交互に人が座るようになってる)、いつもよりもものすご~~~~~く快適に見れましたw

そもそも映画館で見るときはコーヒーくらいしか飲まないし、話すこともない。

でもシートがつながってるから隣に人がいるとどうしてもちょっと気を遣う。それがまったくない!!

この快適さ♪

いや、今映画館で見なくていつみるの!って声を大にしていいたい感じですw

 

あ、で肝心の映画の感想ですが、これはもうね、最初から「ラストの種明かしどんなになるんだろう?」と思ってても「あ~!こうきたかぁ!」という愉快・痛快な内容でした☆

これから見ると言う人もいらっしゃると思いますので、ネタバレはなるべくしないようにしておきますw

そして、やっぱりジェシー(三浦春馬)が出てきたときは、ちょっとだけ胸がきゅっ。

 

コンフィデンスマンJP プリンセス編

でもね、ダー子(長澤まさみ)との掛け合いがとっても楽しくて、ほんとに最初の一瞬だけ(あぁ)って思っただけであとはお話の中の世界に引き込まれました。

ただラストのエンドロールで画像と名前が出てきたときはやっぱり泣きそうになっちゃいましたけどね。

 

コンフィデンスマンJPの何が凄いって、ゲストがめっちゃたくさんいるんだけど、どの人がかけても話がまとまらないところ!!

(あ、ある人だけは本編には関係なかったw)

ジグソーパズルのピースが1つないだけで完成しないように、出てる人みんながつながってて、みんな関係者ってどえらい作りだよなぁと見るたびに感心させれられてしまいます。

脚本書いた古沢さんってやっぱすごいよね。

野木さんと古沢さんはもう尊敬しかないです。(唐突に野木さん(MIU404の脚本家さんです)が出てきてしまったw)

 

では、あらすじと感想をまとめてみました。

ちょっと長くなるのでページが変わります♪

あらすじ

コンフィデンスマンJP プリンセス編

今回の主役でもある こっくり(関水渚)。

詐欺師の娘に生まれたが母親が病死。知り合いにたらい回しにされながら学校にもろくに通わずに最終的に引き取られたのはやっぱり詐欺師のヤマンバ(浜田麻里)。こっくりはヤマンバの手伝いをしながら生きていた。

ある日スリを失敗してヤマンバにコテンパに叱られているこっくりをダー子が見かける。

ダー子はヤマンバからこっくりを引き取る。

次のターゲットは総資産10兆円と言われているフゥ一族。

当主レイモンド・フゥ(北大路欣也)が亡くなり、一族の遺産の全ての相続が決定しているがその所在がわからないという末っ子の「ミシェル」に仕立てあげ、送り込む作戦。

 

うまくミシェル(こっくり)がレイモンド・フゥの血を分けた子供だと執事のトニー(柴田恭兵)に認めさせたものの、お金だけもらって相続を放棄する予定が、トニーが「レイモンドの遺言は絶対です」とミシェルを当主として喪が明けたら世間に披露すると言い出す。

そのための プリンセス教育が始まった。

こっくりは日本語すら危うく、何を聞いても「こっくり」とうなずくしかできない女の子だった。

英語をはじめとする数カ国語の勉強をはじめ、食事のマナー・立ち居振る舞いなどあらゆることを徹底的に仕込まれる。

なぜか母親としてついてきたダー子も同じように特訓を受けることに。

警備も厳しく、軟禁状態で家から一歩も出られない。

ミシェルの正体がばれたら、命もない。

はたしてダー子はフゥ一族から無事お金を巻き上げることができるのか?

続きは映画館でどうぞ♪

 

感想

ダー子・僕ちゃん(東出昌大)・リチャード(小日向文世)の3人はもちろん、今回もいい味だしてたのが赤星(江口洋介)・スター(竹内結子)・いたのか五十嵐(小手伸也)。

スターは最初ちょこっと登場して、あれ?これで終わり?と見せかけての再登場。

さすがスターだ!と言わしめられましたw

 

今回はちょっと趣向がかわってて、人間味溢れるラストでしたね。

主役のこっくりちゃんがとにかくかわいい!

最初(う~ん、なんでこの子なんだろう?)って思ってたけど、見てわかりました。

ああ、この子でぴったりだったなってw

なんとなく雰囲気が広瀬すずちゃんに似てるなぁとは思ったけどね♪

 

あ、あとぜひぜひエンドロールも最後の最後までちゃんと見てください。

ちなみにパンフレットは見た後に読んだほうがいいですよw

 

映画公開前にいろいろあったけど、ちゃんと公開されてほんとによかったぁ!

2年に一度は ダー子と僕ちゃん、リチャード(+五十嵐)を映画で見たいなぁと思ってしまいます♪

ぜひぜひ寅さんみたいにずっと続けて欲しいです!

 

以上 コンフィデンスマンjp 感想でございました♪

 

※ブログ内で使用した画像は全て

映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」公式サイトより引用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。