美容

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ハトムギパックの注意点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

噂のハトムギパックをやってみた!

DSC_0224

気が付けば鼻の周りに小さな白いぶつぶつが。

痛くもかゆくもないし、特に大きくなったりもしないからそんなに気にしていなかったけど、最近ちょっとずつ増えてきたんですね。

見えるかな?

調べてみたところ、これは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」と言うできもの。

うぶ毛の毛穴の皮膚からできたもので、表皮嚢腫の小さなものと考えられています。主に眼のまわりに直径1~2mmの白くてかたい丘疹(ブツブツ)が多発します。

皮膚科で除去もできるみたいですが(外科的手術が必要)そこまでする必要はないなぁと思っていたところ、「ハトムギ」がいいらしい!という情報をゲット。

ちなみに ハトムギの種子は「ヨクイニン」という生薬で、イボを取ることで有名。

ハトムギは麦とついていますが、麦ではなくイネ科のジュズダマ属の穀物です。

Coix lacryma-jobi var. ma-yuen.jpg

ウィキペディアより引用

香ばしくいり、煎じて飲む「ハトムギ茶」が一般的ですね。

薬膳的には

・脾の働きを助け、水分の代謝を促進する効果がありむくみを解消。

・解毒作用

・胃腸を整えて下痢・便秘を解消

・肌荒れ・シミ・そばかすに効果が期待される

五性:涼性

五味:甘・淡

帰経:肺・脾・腎

※身体を冷やす作用がありますので、冷え症の人や利尿作用が強いので妊婦さんは取りすぎに注意してください。

 

と、やはり肌にいい植物であります。

食べたり飲んだりするだけではなく、化粧品としても使われることがおおいハトムギ。

 

今回「ハトムギ粉」を使って簡単にパックができて、しかも イボやぶつぶつにも効果がある!ということで試してみました。

作り方・使用感・注意点などをまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください♪ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

46歳 体改造計画。半年の軌跡~痩せて見えればそれでいい♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

体改造計画 半年の軌跡

46歳。ジムや筋トレなしでここまでやれました!

2019年1月と7月13日の写真。 体重はほぼ一緒です(2kgくらい減ったかな?w)

 

2019年1月。

鏡を見て唖然としたのが事の始まり。

「なんだ?この身体?」

とわが姿に驚いた!!

体重は 昔無茶なダイエットをしてからというもの、リバウンドしてそのまんま。

にしてもここまでひどくはなかったのに…と思うくらい、下腹は出てるし、背中は真ん丸。

これじゃだめだ。自分で自分が許せないっ!!

とスイッチ入りました。

その時、「まずは現実を見ることから始めよう」

と写真を撮ったのがこれ。

お見苦しい写真で大変申し訳ありませんっ。

てか世の中に出したくはないこの写真w

でもビフォーアフターは大事だからね。

ほんとにめっちゃデブ。ぽっちゃりを通り越してデブ。

 

でも出ているところはそこそこ細いので、洋服着てるとそこまでデブに見えてなかったのが災いしたのです。

こんなの隠してました(汗)

さて、ここから一年発起!

いろいろなブログを読み漁り、たどり着いた結論は

「体重よりも、見た目の方が大事!」

ということ。

体重が減って嬉しいのは自分だけで、見た目が痩せて見えないと周りにはこれっぽっちも気づいてもらえない。

そんな自己満足の世界から足を洗おうと決意。

そして掲げたのが

1.1年間を目標にする。

2.1日5分でもいいから身体を動かす

3.体重は気にしない

 

この3つだけ。

そして、何をどうしたらいいのか?

いろんな本やブログを見ていて、ある共通のポイントを発見しました!

そのポイントを踏まえながら、時系列でどう変化していったかまとめてみました。

私のやり方が全ての人に効果があるわけではないかもしれないけれど、まずは何事もやってみなければ始まりません♪

参考になればうれしいです。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

養生生活~番外編~ 薬膳茶とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

手軽に薬膳を始めてみよう~薬膳茶入門~

 

https://www.growing-trees.com/organiccafelulu/wp-content/uploads/2018/10/tea-1024×682.jpg

 

食養生をするうえで、薬膳(中医学)の知識があるとすごく便利です。

が、薬膳というとなかなかハードルが高いイメージが…

 

食材の効能をしり、自分の体質や状態に合わせて選び料理して食べる。

しかし、なかなかすべての食材の効能をいちいち調べるのは大変です。

そこで、手軽に薬膳を取り入れられるのが薬膳茶。

 

薬膳茶といっても、緑茶・紅茶・ハトムギ茶などドラッグストアで手軽に購入できるベースのお茶に、クコの実やさんざし、ナツメ、陳皮などをちょっと加えるだけでりっぱな薬膳茶になりますよ。

 

さまざまなお茶の効能と、簡単な薬膳茶のレシピをご紹介。

今年の冬は薬膳茶を飲んで元気に過ごしましょう♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

リバウンドからのダイエット~やっと元の体重に戻った話~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

養生生活を初めて4か月 やっと体重がもとに戻った話

「痩せた イラスト」の画像検索結果

人生で初めてリバウンドを体験してから、かれこれ4年弱。

もう半ばあきらめていたところで、なんと 今日4年ぶりにリバウンドする前の体重になりました!!!

 

いや、長かった。

その過程をちょっとまとめてみました。

 

すべては「ファスティングダイエット」から始まった

事の発端は4年前に 「ファスティングダイエット」をしたこと。

あと3キロ痩せたらなぁ

という軽い気持ちで、当時はやっていた 酵素ドリンクを飲むだけのファスティングダイエットをやってみたのです。

3日で3キロ。42歳になってからこんなにするっと体重が落ちるなんて!!

と小躍りして喜んだのはほんの数か月。

 

しばらくは 酵素ドリンクを飲み続けたものの、やっぱり続かず(めんどくさいし、お金かかるし)。

結局 もとの食生活に戻りました。

それでもまぁそんなに急に太ることもなく、そのまま維持していたのに、ちょっとずつちょっとずつじわりじわりと体重が増え、

(あれ?おかしいなぁ?そんなに食べてないし、気を付けてるんだけど?)

となっていく。

で、いつもならダイエット前の体重以上になったことがなかったので、まぁもとに戻っちゃったな。またダイエットすればいいか。とのんきに構えていたのです。

 

が!しかし!そうは問屋がおろさなかった!!!

え?なんで?

というくらいじわじわとそこから体重が増え始め、気が付けば3キロ痩せたはずだったのに、+3キロということに。

 

ダイエットから1年後、見事私は 人生初のリバウンドを体験したのであります。。。。

 

その後 試行錯誤いろいろ試してみるも、これっぽっちも落ちやしない体重。

40歳を過ぎると基礎代謝が加速度的に落ちるので、ただでさえ痩せにくい。そこへきて筋力も体力もおちてさらに痩せない。

負のスパイラルに落ちっていました。

 

さすがにもう極端な食事制限じゃ無理だとわかったので、運動をしたりしたものの一向に痩せない。。。

せめてこれ以上太らないようにするのが精いっぱいでした。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

養生生活 初心者の心得の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

健康な体を作るための養生法

 

生きるを養うと書いて養生。

とにかく人間あれもしたい!これもしたい! と思うことは多々あるが、それもこれも健康な身体があるのが前提で、ここが崩れるとすべてがうまく回らなくなる。

というのはほとんどの人が知っているにもかかわらず、健康な時はそのことはすっかり忘れてしまっている人がほとんど。

 

気が付けば ん?なんか最近すごい疲れやすくなった。 身体が前みたいに動かない。 一度風邪をひいたらなかなか治らない。 思うように痩せなくなった。 となってから初めて「これは…なにかしないとちょっとやばいかも?」と焦りだす。

そうちょうど40代過ぎくらいから 健康って大事!身体って大事!と身に染みて思い始めるのです。

すると、ちまたにはあふれんばかりの健康情報が氾濫している。

 

これを食べるといい!とか このサプリが効く!とか とにかくなにかを足すことがほとんど。

自分の今までの食生活を振り返ることなく、手っ取り早く「これ食べとけばいいのかな?」となってしまっている。

それじゃぁ 対して変わらないのも無理はない。

 

これ実は私の体験談でもあります。

いろいろな健康情報やダイエットの情報を見ては「これはいいかも?」「これは効くかも?」といろんなことをやってみたものの、結局どれも長続きすることはなく、ようやくたどり着いたのが 養生 という言葉。

 

昔から聞いたことはあっても いざ何をすればいいの?となるとわかるようでわからない。

それに、そもそも自分にその養生法があっているのか?という不安もある。

 

それでも物事には 「これは外せない」という大筋はあるものです。

そこで、養生生活を始めてみよう!という超初心者の心得なるものをまとめてみました。

とりあずここから始めて、徐々に自分にあった養生法を見つけていくのが最終目標となります。

では 一緒に養生生活始めてみましょう!

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket