映画

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画 引越し大名 感想!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

やっぱり面白かった!映画「引越し大名」

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

やっと公開されましたw

初日舞台あいさつライブビューイングはなくなくあきらめ、本日9月2日(月)おひとり様で見に行ってきました♪

原作を読んでいたので、おおよその内容は知ってるから先の見えないわくわく感はないけれど、それでも出ている役者さんが最高だからそこそこ楽しめるでしょ♪

くらいで見に行ったんですが…いやいや、どうした?

原作知ってても、めっちゃ面白かった!!

ちょっとだけ人物設定が違ってたり、内容も違うところがあったけど、大満足♪

映画も原作もどっちも面白い!

実は、原作のほうが断然面白くって映画みると「う~ん物足りないなぁ」っていうのがほとんどなんです。

だから私的には(どっちも同じくらい面白いなんて)「ありえない!!」って感じw

こちらが原作

 

映画みて原作読むと、また映画の内容が手に取るようにわかるのでお勧めですよ♪

 

あらすじは公式HP などのメディア媒体にかなり出ているのでご存じの方も多いと思うので今回端折らせていただきます。

その代りといってはなんですが、見どころはここ!ってのが何か所かあったのでそちらを書きました。

若干ネタバレしていますが、読んでいっても楽しく見れると思います♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画 アルキメデスの大戦 感想※ネタバレあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画「アルキメデスの大戦」感想

 

2019アルキメデスの大戦製作委員会

 

ようやく見に行ってきました!アルキメデスの大戦(公式HPはこちら

全てが史実というわけではないけれど、「もしかしたらこんな風なこともあったかもしれない」と思わせられるような内容でした。

原作はヤングマガジンで連載中、三田紀房の「アルキメデスの大戦」(最新巻は17巻まで発売中)

 

アルキメデスの大戦 実写映画公開記念 1巻〜3巻お買い得パック (ヤンマガKCスペシャル) [ 三田 紀房 ]

映画は3巻までのお話がまとめられています。

 

映画版の小説もありました。

小説 アルキメデスの大戦 (講談社文庫) [ 佐野 晶 ]

 

原作(漫画の方)を知っている人にとっては「まぁまぁかなぁ。やっぱり」という感想。

私は知らなかったので、すごく面白かったです♪

菅田将暉演じる主人公の櫂直(かいただし)は実在する人物なのか?と思って調べてみましたが、モデルになるような人も特になく、まったくの架空の人物でした。

まぁ確かに桁外れな能力で、(いやそれはちょっと難しいのでは?)と思うような場面も若干ありはしたけど、でもその違和感もなんなく吹き飛ばす菅田くんの演技でした。

 

ではここから先はネタバレします。

お付き合いくださると嬉しい出す。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画 キングダム 見てきました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画 キングダム 感想

Ⓒ2019映画キングダム製作委員会

山崎賢人主演の映画「キングダム」

早速見てきましたよ♪

いやぁ、おもしろかった!!

原作も読んでないし、アニメを少しだけ見たことあるくらいだったので非常に楽しめました♪

そして、何よりキャストがばっちり!

「たぶん 原作もこんな感じの雰囲気なんじゃないのかな?」

と思わせられる感じだし、実際原作読んでるうちの旦那さんも「配役は良かったね」と褒めておりました。

 

特に、嬴政(えいせい)・漂(ひょう)の二役をした吉沢亮くんの偉大な王となる片鱗を見せる風格のある佇まいと、その弟で反乱を起こした成蟜(せいきょう)役の本郷奏多くんの小粒感のある小悪党(でも気品はある)の存在感が絶妙でございました。

Ⓒ2019映画キングダム製作委員会

Ⓒ2019映画キングダム製作委員会

主役の信(しん)役の山崎賢人くんはもちろんかっこよかったですよ♪

それと信と漂の子役時代を演じた子供たちが、すごく2人の面影を残してて「めっちゃ似てる!!」と開始早々テンションあがりましたw

山の民の王 楊端和(ようたんわ)役の長澤まさみちゃんもめっちゃ綺麗でかっこよかった!

Ⓒ2019映画キングダム製作委員会

やっぱり今のってる女優さんは違うねぇ。ここ数年見る間に綺麗になったし、なにより王の風格がでてました。

 

信や嬴政たちと行動を共にする 山の民族の末裔 河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈ちゃん。

Ⓒ2019キングダム製作委員会

これもぴったり!かわいいのなんの。テン役がほんとにあっておりましたよ。

ていうか、この子は漫画の実写向きだなぁとつくづく感心してしまった。
このクオリティでできる女優さんって他にはいないだろうという感じ。

 

他にも、ベテラン勢が多数でていて、それぞれキャラも際立ってましたねぇ。

アクションもかなり大変だったんだろうなぁという感じだし、中国でのロケで映像も綺麗だし、なかなか見ごたえありましたよ。

原作もアニメも全然知らなくても十分楽しめる映画でした。

あ、でも原作ファンの人もかなり満足度高い感想がツイッターとかで多かったです。

これは見に行ってよかった♪

 

で、やっぱり時代背景とかちょっと気になったので調べてみました。

ぜひこの後も読んでいただけると嬉しいです♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今から待ち遠しい!2019年公開 「引越し大名(仮)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

星野源主演 映画「引越し大名!」 2019.8.30公開!

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

 

ビジュアル解禁(2019.3.14)

なんと紅白バージョンww

もう一つはこちら↓

 

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

困ってるねぇ、春之介ww

 

そして、おまちかね、動く春之介ですよっ!(特報動画)

みんなに引っ張られていくのがかわいすぎでっせw

主題歌決定!(2019.5.15)

特報の動画も公開されました♪

動画をみるだけでもかなり面白いw

そして、主題歌は源ちゃんが大好きなユニコーンの書下ろし「でんでん」

曲名は主人公の春之介が“かたつむり”とあだ名されていることが由来だという。ユニコーンの川西幸一は「もともと時代劇が好きだから、本当は(映画に)出たいくらいだった。脚本も読ませてもらったけどすごく良くて、(春之介に)降りかかってくる運命みたいなものを受け入れて、邁進していく、その努力というのはすごく大事なんだなって思いました」とコメントを寄せ、奥田民生は「映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も『でんでん』っていう感じになってます(笑)」と明かした。

これに対し、星野も「まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお2人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは」と驚がくの様子。「月並みな言葉になってしまいますが、『UNICORN MOVIE2 1/2』のVHSを擦り切れるほどに見ていた、幼少の自分に伝えてあげたいです」と興奮を伝え、「人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした」と話している。映画.comより

 

だんだん公開が近づいてきているなぁとわくわくしてきます♪

 

劇中写真が(2019.1.28)公開

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

よくみるとちょんまげ結ってる?って感じなんですが、ぱっとみ「星野源が寝転んで本読んでる」としか見えない(いやその通りではあるw)

星野源 38歳誕生日記念で引越し大名の劇中写真が初公開されたのです♪

これからちょっとずつ情報が解禁されていくと思うので、その都度アップしていきますね☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ここからは前回書いた記事になります ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

源ちゃんがひさしぶりの映画出演。しかも主演!

そして、共演に 高橋一生くん、高畑充希ちゃんという、世にもうれしい3人組ww

どんな映画かというと…なんと時代劇!

佐々木蔵之介さん主演で2作品映画化された「超高速!参勤交代」を書いた土橋さんの著書「引越し大名三千里」。

生涯に7度もの国替えを命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、参勤交代を上回る莫大な費用がかかる引っ越しを、知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちを描いた作品

 

超高速!参勤交代もめっちゃ面白かったし、今回も「源ちゃんにぴったりじゃないか!」と思わず言ってしまう内容。

もう 今から楽しみでなりませんっ!!

3人の役柄や、コメントなどをまとめましたので、興味のある方はぜひ読んでくださいね。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画感想 そらのレストラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「そらのレストラン」見てきました!

Ⓒ2018「そらのレストラン」製作委員会

大泉洋主演の北海道を舞台にした映画の3作目「そらのレストラン」を見にってきました。

第1作が「しあわせのパン」

 

 第2作が「ぶどうのなみだ」

パン⇒ワインときて、3作目はチーズ。

前の2作品も北海道の自然とそこに暮らす人々の温かい雰囲気を丁寧に描かれていました。今回のそらのレストランはそこにさらに人間味が加わった味のある作品になってましたね。

大泉洋の俳優としての技量はさることながら、映画全体から作り手の思いが細部にまで行き届いていて、それが画面からにじみ出てくる感じ。

決して押しつけがましくなく、人々の暮らしを隣で見させてもらっているそんな感じなほっこりした映画でした。

そして!なにより、みんないってるけど、この映画みたら絶対チーズ食べたくなるww

羊肉は苦手だが、(あれなら食べれるのではなかろうか?)と思ってしまう。

出てくるお料理がどれもおいしそうで、こんなふうに生きれたらやっぱり楽しいだろうなぁとちょっと憧れたり。

※実際は自然相手の生活はそんなに生易しいもんじゃないとは思います。

一度はあの場所へいってみたい。と自然と思える映画でした。

ここから先はあらすじやモデルとなったやまの会のことなどを簡単にまとめてみましたので、ぜひ続きも読んでください♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket