浴衣を一人で着る方法。簡単浴衣の着方<洗濯とたたみ方>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 浴衣の洗濯とたたみ方

kagebosi

<浴衣を着て帰った後のケア>

1、2回の着用なら、和装ハンガーに掛けて外干しましょう。夜露がニオイを取ってくれて、次に着るときにも気にならなくなります。

 

 

気になる場合は手洗い(浴衣の洗い方参照)で洗濯しましょう。

浴衣は汗を吸収しているので、湿気を取る為に昼間風通しの良い日陰に干ししておきます。

浴衣は自宅で洗濯できるものも多いので、洗濯表示を確認してくださいね。

 

スポンサードリンク

浴衣の洗い方 

まず家庭で洗える浴衣か、そうでないかを確認します。(浴衣に付いている洗濯表示を見てください。)

「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。専門店に任せましょう。

 はじめて洗うとき

色落ちテストをする

  • 色落ちテストをする

目立たないところに、使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>
色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。

 

使用できる洗剤

おしゃれ着用の中性洗剤 ならどのタイプの浴衣でも洗えます。

その他のタイプの洗剤を使う場合は、洗濯表示を確認して使用しましょう。

 

洗濯機での洗い方

洗濯機マークのついているものは、洗濯機で洗えます。

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」で洗います。

シワを防ぐために、脱水は短めに。

洗濯ネットに入れる

左右のそで口をあわせる、そでだたみをしてから、身ごろを4つに屏風だたみにして、洗濯ネットに入れて洗う

  1. たもとのゴミ・ホコリをとる
  2. 左右のそで口をあわせる、そでだたみをする
  3. 身ごろを4つに屏風だたみにして、洗濯ネットに入れて洗う

汚れやすいすそが、いちばん外側にくるようにたたむのがポイント。

折りたたみ方、洗濯ネットの有無は、タグ表示などの指示にしたがってください。

シミ・汚れがあるとき

シミ汚れには、酸素系漂白剤(部分用)をスプレーし、すぐに洗濯しましょう。

のり剤でパリッと仕上げたいとき(全自動洗濯機の場合)

のり剤を使うと、パリッと仕上がり、アイロンがけもラクになります。

  1. 他の衣料といっしょに洗濯したあと、のりづけしたいものだけ残して低水位で「洗い」と「脱水」にセットする
  2. 水がたまったら、衣料に直接かからないようにのり剤を入れる
  3. 3分ほど洗濯機をまわしたら、軽めに脱水する

洗濯機の柔軟剤投入口には入れないでください。中で固まる可能性があります。

ドラム式洗濯機の場合、必ず洗濯機の取扱説明書にしたがってください。

 

手洗いの方法

洗面ボウルで押し洗いをする

洗面ボウルで押し洗いをする

  1. 洗面ボウルに30℃以下の水をはり、おしゃれ着用洗剤を手洗い濃度に溶かす
  2. たたんだ浴衣を1につけこみ、押し洗いをする
  1. 洗濯機で30秒程度脱水する
  2. 浴衣がつかる程度の水を洗濯槽に再度はり、のり剤を入れる
  3. 4が全体にいきわたるよう浴衣を入れる
  4. 最後に軽く脱水して干す

洗濯機での洗い方~動画~

干し方

日陰でさお干しする

  1. 手でパンパンとたたいて、シワをのばし、えりの形や縫い目の方向をととのえる
  2. 2つ折りにしてさおにかける
  3. たもともさおにかけ、洗濯バサミでとめる

両そでとえりにワイヤーハンガーを3つ入れておくと、適度な重しになって、型くずれを防ぐことができます。

ハンガーに干すときは、型くずれを防ぐため、和服用のハンガーがおすすめ。

outer01_04型くずれするので、乾燥機の使用はNG

 

 

洗濯をした後・浴衣着用後の着ジワのとり方。

軽いシワの場合。
シワの部分に霧吹きで少し濡らし、風呂敷やシーツなど布目の細かい布で
包みます。約10分布団の下などに入れて敷きのしします。
そのままでは湿気たままなので、もう一度干しますとシャキッとします。
(日中は陰干し)

軽くないシワの場合、アイロンを使います。
※衿芯のあるものは抜いておきます。
※洗濯表示で必ずアイロンがけの温度を確認し、ドライでかけます。
 (科学繊維のものは特に注意!)
そして必ずあて布をしましょう。(テカリ防止の為。)シワの場所に霧吹きで少し濡らします。
必ずあて布をしてアイロンをかけます。

スポンサードリンク

浴衣のたたみ方

洗濯がおわったら、次はたたみ方です。

難しくはないので、ポイントさえ押さえればだれでも簡単に綺麗にたためます。

浴衣は直線縫いなので、縫い目通りにたためばカンタン!
1, 下前部分を折ります。
  下前部分えりを左にして広げ、赤線部分の縫い目を中心に、下前部分を折りかえます。
2, ※印を合わせるようにたたみます。 3, 赤印部分の縫い目と※印 を合わせるようにたたみます。えり、すそがずれないよにきれいにそろえます。
4, 1から3までたたみ終えた所。
  次は衿部分を解説します。衿部分のたたみ方を拡大説明します。
5, 衿部分の拡大図です。
  首元部分を図のようにたたみます。
6, 赤線部分の縫い目を中心 に※印を合わせるようにたたみます。
  赤線部分の縫い目を中心に米印を、合わせるようにたたみます。
7, 内側が図のようになるようたたみます。内側で図のようにたたまれるようにしてください。 8, 本体のたたみ方に戻ります。上の袖を向こう側へ折り返します。 9, 点線部分を軸に袖部分をたたみます。
  点線部分を軸に、裾を折り曲げます。
10, くずさないように全体をひっくり返します。
  このとき、たたんだ今までの部分が乱れないように注意してください。
11, 袖をたたんで完成!
   収納の際には、シワにならないようにたとう紙や、ふろしきなどに入れるとgood!

浴衣のたたみ方~動画~

まとめ

着付けの仕方から、帯の結び方、浴衣の洗濯・たたみ方まで一通りまとめてみました。

慣れるまでは少し難しいかな?と感じると思いますが、そもそも浴衣は普段着のひとつ。

すぐ自分で着れるようになりますよ。

ぜひ覚えて 今年は 何度も浴衣をきて出かけてみては?

女っぷりが上がること間違いないです!

 

関連記事

浴衣の着方

帯の結び方

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す