養生生活 初心者の心得の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

健康な体を作るための養生法

 

生きるを養うと書いて養生。

とにかく人間あれもしたい!これもしたい! と思うことは多々あるが、それもこれも健康な身体があるのが前提で、ここが崩れるとすべてがうまく回らなくなる。

というのはほとんどの人が知っているにもかかわらず、健康な時はそのことはすっかり忘れてしまっている人がほとんど。

 

気が付けば ん?なんか最近すごい疲れやすくなった。 身体が前みたいに動かない。 一度風邪をひいたらなかなか治らない。 思うように痩せなくなった。 となってから初めて「これは…なにかしないとちょっとやばいかも?」と焦りだす。

そうちょうど40代過ぎくらいから 健康って大事!身体って大事!と身に染みて思い始めるのです。

すると、ちまたにはあふれんばかりの健康情報が氾濫している。

 

これを食べるといい!とか このサプリが効く!とか とにかくなにかを足すことがほとんど。

自分の今までの食生活を振り返ることなく、手っ取り早く「これ食べとけばいいのかな?」となってしまっている。

それじゃぁ 対して変わらないのも無理はない。

 

これ実は私の体験談でもあります。

いろいろな健康情報やダイエットの情報を見ては「これはいいかも?」「これは効くかも?」といろんなことをやってみたものの、結局どれも長続きすることはなく、ようやくたどり着いたのが 養生 という言葉。

 

昔から聞いたことはあっても いざ何をすればいいの?となるとわかるようでわからない。

それに、そもそも自分にその養生法があっているのか?という不安もある。

 

それでも物事には 「これは外せない」という大筋はあるものです。

そこで、養生生活を始めてみよう!という超初心者の心得なるものをまとめてみました。

とりあずここから始めて、徐々に自分にあった養生法を見つけていくのが最終目標となります。

では 一緒に養生生活始めてみましょう!

スポンサードリンク

自分の今の状況を知る

 とにかく 今の自分の状態はどうか?というのを今一度振り返るところから始めます。

冷えがつらい。疲れやすい。胃が痛い。肩こりがする。頭痛がひどい。腰痛がある。体がだるい。めまいがする。のぼせる。汗をかく。汗をかかない。

など何処に不調があるのか?を改めて書き出します。

 次に どんな生活を送っているのか?

 朝何時に起きて、仕事は何時間くらいやっているか?運動はしているか?何時に寝ているか?

生活サイクル改めて書き出します。

 そして、毎日何を食べているか?

 朝ごはんは?間食は?肉や魚どっちが多い?野菜は足りている?どんな調理法の料理が多いか?

正確にではなくても、なんとなくでいいので自分の嗜好、食べ物の傾向を顧みることから始めましょう。

 

自分が今どういう生活をしているから、今の状態になっているというのが少しずつ見えてくると思います。

まずここを把握することが 養生を始めるうえで大事なポイントです。

 

目が疲れるのは、スマホの見すぎかも?

身体が冷えているのは 生野菜や水の飲みすぎ、小麦の取りすぎが原因かも?

疲れが取れないのは夜更かしで睡眠時間が取れてないせい?

仕事柄同じ姿勢をずっと続けているのが 肩こりや腰痛の原因。

 

といったように、自分の生活・食生活を振り返ることで、分かることがたくさんあります。

 

出来るところから始めてみる。

原因が分かったところで、まずできるところから始めてみます。

 

空き時間にとりあえずスマホを見るのをちょっとやめてみる。

体温よりも高い温度の飲み物を飲むようにする。

生野菜を温野菜やスープにかえる。

なるべく早く寝る。

仕事の合間合間に 背伸びをしたり、腕を上げたり、ほんの1~2分でも体を動かしてみる。

「背伸び」の画像検索結果

などちょっとだけ意識をして、行動や習慣を変えるようにするだけでかなり変わってきます。

 

あと、生活を見直したときに、過ぎていること(食べ過ぎ・飲みすぎ・やりすぎ)があったら、それを減らすことも大事です。

「プラスマイナスイラスト」の画像検索結果

1日何杯もコーヒーを飲んでいる人は、せめて1日2杯ほどに減らし、それ以外は水やお茶などに変えてみる。

脂っこい食事をつい食べてしまう人は3回に1回は煮物や焼き物にしてみる。

仕事がオーバーワークになりやすい人は、(なかなか減らすのは大変でしょうが)ちょこちょこ休憩をはさむようにする。

何かを足すよりも、今の生活の過ぎたことを減らす方がよっぽど効果が上がることが多いです。

 

 

続けることから始めよう♪

養生法というと食べ物を変えると思う人が多いような気がしますが、食べ物はもちろん、生活習慣や運動など 健康になるための行動全般が養生法になります。

そして、一番大事なのが、続けること。

1か月2か月単位ではなく、日々少しずつでも続けていくこと。

 

その為には、まず 「養生しなくちゃっ!」と気合を入れすぎない。

どうしても無理なときもあるし、やりたくない時もある。そんなときは無理せず、できるときに出来ることをする。

今日は早起きできた!

とか

今日は旬のものを腹八分に食べた!

ちょっと運動した!

などなど、「今日は〇〇できたぞ♪」とできたことを見るようにしましょう。

 

日々の生活でちょっとだけ身体にいいことをする。

そしてそれを習慣化する。

これこそが 養生生活の第一歩です。

 

平均寿命が長くなっても、病気で寝たきりじゃぁ長生きする意味がないと私は思います。

心臓が止まるその日まで元気で笑って過ごすために、今できることを始めましょう♪

 

次回から、季節に応じた養生法などをご紹介していけたらと思っています。

 

 スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。