梅雨~夏のお弁当作り 傷まないために注意するポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

梅雨~夏のお弁当作り 知っておきたいポイント!

obento

梅雨~夏の間は、湿度・気温も高くなり、もっともお弁当が傷みやすい時期となります。

外のお仕事の人や中高生のお弁当などは特に気を使いますよね。

どんな点に注意すればいいのか まとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

お弁当のおかずが傷む⇒食中毒をおこす原因とは。

食中毒を引き起こす原因は、目に見えない細菌やウィルスがほとんどです。

花粉とウィルス

<原因となる細菌の種類>

ブドウ球菌(盛り付け料理、おにぎり、弁当、ちらしずし)
腸炎ビブリオ(魚貝類、刺身、すし、野菜の一夜づけ)
サルモネラ菌、O-157(食肉、卵、畜産食品)
カンピロバクター、病原性大腸菌(食肉)

⇒吐き気・嘔吐・腹痛・下痢などの症状を引き起こす

細菌は 高温(37℃前後)多湿な環境を好み、条件がそろいやすい梅雨~夏場の時期はもっとも最近が繁殖しやすい状態となります。

 

ノロウィルス などのウィルスは食べ物では増殖しないものの、体内に入ると増殖し、細菌感染と同じように 吐き気・嘔吐・腹中・下痢などを引き起こします。

ゆえに もっとも大事なポイントとして

☆菌をつけない

☆菌を増やさない

☆殺菌する

の3つがあげれられます。

手洗い・まな板、包丁などの調理器具の消毒・お弁当箱の消毒 はいつも以上に念入りに行いましょう。

 

傷みにくいお弁当を作るときに 注意するポイント

 完全に冷めたものを詰める 

ご飯はもちろん、おかずも完全に冷めたものを詰めるのがポイントです。

温かいと水分がでて、そこから菌が繁殖してしまいます。

できればご飯とおかずは別の容器にしましょう。

 

生ものは使わない

生野菜は水分も多く、傷みやすいので、極力この時期は使わないのが一番です。

どうしても入れたい場合は、塩もみをして水分を出しておくとよいでしょう。

ポテトサラダなどは水分がおおく傷みやすいので、マカロニサラダなど水分の少ないものにしましょう。

 

完全に中心部まで火を通す

肉・魚などは完全に中心部まで火を通すことが肝心です。

ゆで卵や目玉焼きも完熟たまごにします。

 

 

<作る順番と詰める手順>

毎朝のことなので、手際よくお弁当をつくるのも大事なポイントとなります

 

1.メインのおかず(ハンバーグ,から揚げ,卵焼き,焼き魚etc)を作る。

 

2.サブのおかず(サラダ、お浸しetc)を作る

※ハムやかまぼこなどの加工品もかならず火を通すこと

3.ご飯を詰める

※詰める前にお弁当箱にアルコール消毒液で消毒しておくと◎

4.おかずを詰める

※レタスやキャベツなど生の野菜で仕切るのはやめて、お弁当カップやプラスチック製のバランなどで仕切る

プチトマトのヘタも取っておく(トマトのへたなどに細菌がつき易いため)

5.十分に冷めてからふたをする。

※食品に直接噴霧できるタイプのアルコール消毒液を一吹きすると雑菌の繁殖を抑えることができます。

6.保冷剤をお弁当の上に置きアルミ製の袋へ入れる。

 

保冷剤代わりに、冷凍しておいたおかず(から揚げ,きんぴらごぼうなど)をそのままカップにいれて詰めたり、凍らせておいた一口ゼリーを入れたりするのもいいですね。

市販の 自然解凍で食べられる冷凍食品なども手軽に使えて便利です。

スポンサードリンク

まとめ

私も毎日 旦那さんと高校生の息子のお弁当を作っていますが、梅雨時期~夏場はおかず作りもかなり気を使います。

塩分を多めにしたり、サラダなどはお酢を利かせたり、殺菌成分が高い梅干しを使ったり・・・

それに加えて、食品に直接噴霧できる アルコール初毒液 ドーバー パストリーゼ77 500mlを使っていますが、これはほんとにおススメです!

詰める前に一吹き、詰めてから一吹きするだけで、持って帰ってきたお弁当箱のにおいが激減しました。

菌の繁殖を防いでくれているのが目に見えてわかります。

酒造メーカーが製造しているもので、飲食店などプロが愛用している信頼できる物ですよ。

(※わたくし自営でパン屋をしているんですが、お店でももちろん使っています!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す