足のむくみ ~夏の冷えからくるむくみ対策~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

夏こそ注意!足のむくみ 予防と対策

 

mukumi

夏になると 足の露出も増えます。

その分 気になるのが 足のむくみ。

 

裸足ですごす機会も増えるし、冷房の効いた部屋で一日過ごしていて気が付けば足がパンパンになっている!!なんてことも。

冷たい空気は足元に溜まるため、実は冬よりも足が冷えてむくみやすくなってしまうのです。

むくみをそのままにしてほおっておくと、なかなか元のサイズに戻らなくなってしまうので こまめにむくみ対策をがんばりましょう!

 

スポンサードリンク

むくみはなぜ起きるのでしょうか?

むくみとは、余分な水分が溜まっている状態を言います。

水分は、血液やリンパ液として体内を循環し、 全身に酸素や栄養素を運んだり、不要な老廃物を回収したりしていますが、 この循環がスムーズに行われなくなると、 余分な水分が皮下組織に溜まってしまい、むくみと呼ばれます。

体の末端にある水分は、主に筋肉の力で押し戻されますが、 日頃からの冷えや血行不良、ストレス、運動不足などが続くと、 筋肉の働きが悪くなり、むくみが起こりやすくなります。

また、加齢によっても筋肉は衰えていきます。 特に女性は、男性よりも筋肉量が少ないため、注意が必要です。 

 

夏のむくみの原因

汗かきイラスト

夏は汗をかくので、逆に冬などとくらべると体の水分は足りないのでは?と思うかもしれません。

ですが、いったん冷房の効いた部屋に入ってしまうと、汗もかかなければ、あまり動き回ることもなくなります。

その上冷たいものを飲んだり食べたりする機会も増えるため、実は体内は冬以上に冷えている状況に。

身体が冷えると、血行不良となり、水分代謝がおちて むくみの原因となるのです。

 

 

 

むくみ対策

1 冷えとむくみに効果的な 足のつぼを刺激しよう

時間も手間もかからず、毎日すぐできるのが、「足のつぼ」押して刺激をあたえることです。

冷えとむくみに効果的な「三陰交」と、気力を充実させる「湧泉」を、簡単な方法で刺激して、足のむくみを解消しましょう!

asitubo

三陰交は内くるぶしから指4本上。湧泉は足の真ん中、土踏まずのやや上。

三陰交のツボは、脚の内側を通る「脾経」 「腎経」 「肝経」という3つの経絡が交わったところにあるツボです。3つの陰(いん)の経絡が交わることから、「三陰交」と名づけられました。
場所は、内側のくるぶしの一番高いところから、指4本分、上に上がったところの、骨と筋肉の境い目です。押すと、「効く~っ」という気持ちよさはなく、どちらかといえば、ただ痛いだけのツボです。
骨盤の中、つまり子宮の血行をよくすることから、女性の疾患によく効くツボとして知られ、生理不順・生理痛や更年期障害を改善するだけでなく、女性ならではの冷えやむくみ、便秘など、作用する範囲が広いのが三陰交の特徴です。

引用:http://www.tenki.jp/suppl/romisan/2015/09/10/3011.html

 

土ふまずのやや上、足の指を曲げたときに、ちょうどくぼむところが「湧泉」です。
水の属性がある「腎経」の始点で、その名の通り、気力や生命力が泉のように湧くツボです。腎臓の働きをよくするので、体内の水分を調節します。また、血液の循環をよくするので、首や頭の血行をよくし、女性特有の下半身の冷え、特に、“冷えのぼせ”に効果的です。
腎経は生命力や精力をつかさどる経絡で、湧泉はその始点。万能のツボといわれています。夏にため込んだ疲れを回復するのには最適のツボといえるでしょう。引用:http://www.tenki.jp/suppl/romisan/2015/09/10/3011.html

 

2 夏こそ湯船につかって体を温める

 ついつい熱いし、汗をかくから…という理由でシャワーだけですませてしまう人がいますが、夏こそゆっくりと湯船につかり、身体の芯から温めましょう。少しぬるめのお湯38℃~40℃前後のお湯

身体が温まることにより、血行がよくなり、余分な水分を体の外に出しやすくなります。

また 冷えによる 副交感神経の緊張がとかれ、ゆっくりとリラックスでき ストレスの解消にも。

お風呂の中で 軽く 足をマッサージするだけでも ずいぶんとむくみに効果があります。

 

3 簡単なリンパケアで水分を体外に出そう

足の1分間リンパマッサージのやり方

 

1.足裏を押す 各10秒

両手で足裏を包み込むようにして、親指を使って足裏全体を押します。<母指圧迫法>
足裏には足の反射区という概念があり、足裏を刺激する事で、身体の臓器にも影響があると言われています。痛みが強い人は、痛みと感じないレベルの圧で押しましょう。
足裏を押す|1分間リンパマッサージダイエット
2.足の甲を押す 各10秒

足裏と同じく、甲側もまんべんなく押します。足の甲は一般的に押しづらいのですが、むくみのよいとされる大切なツボがありますし、その他にも大切なツボが、たくさんあるので丁寧に押してください。<母指圧迫法>
同じ力で押していても、痛く感じるところと、そうではないところとあると思います。痛みを感じるところは力を弱めて、回数を多く押すようにしましょう。
足の甲を押す|1分間リンパマッサージダイエット
3.足指をもむ 各10秒

両指全体をマッサージ。指の付け根から、足先に向かって、1本ずつ丁寧に指先の腹で少し引っぱるような感じでテンションをかけて、つまむようにしてもんでいく。<揉揑法>
足の指先にも重要なツボがたくさんあります。細かな部位で、大きくとらえがちですが、細かく入念にもむ意識でマッサージすると、その違いに驚くことがあるかもしれません。
足指をもむ|1分間リンパマッサージダイエット
4.ふくらはぎのリンパマッサージ各15秒

足首からひざ裏の膝窩リンパ節まで、左右の手を交互に使いさすり上げる。<手掌軽擦法 >
むくみやすいふくらはぎのケアは、とても大切です。手のひら全体を肌にぴたっとくっつけて、マッサージしてください。特に指先は離れがちです。指先に力を入れると、違和感を感じることもあるので、指先に力を入れるのはよくありませんが、肌に密着させている意識は持ちましょう。
ふくらはぎをさする|1分間リンパマッサージダイエット
5.太もものリンパマッサージ各15秒

太ももの内側を、膝から足のつけ根(鼡径リンパ節)に向かって左右の手で交互にさすります。内側をマッサージした後は、太ももの外側も同じようにさすります。<手掌軽擦法 >
太ももの付け根には、むくみを解消をする重要なポイントである、鼠径リンパ節と呼ばれるリンパ節があります。入念にマッサージしましょう。
太ももをさする|1分間リンパマッサージダイエット

引用:http://www.naturaltime.jp/

 

リンパは筋肉と表皮の間にあるため、力を入れる必要はまったくありません。

軽くさすってあげる程度で十分に効果があります。

手の滑りをよくするためにマッサージ用のオイルなどを使って優しくケアしましょう。

 

スポンサードリンク

4 常温の水を飲む

mizu

どうしても 冷たいものを飲みたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物は 内臓を直接冷やしてしまいます。

なるべく常温に近い水を飲むように心がけましょう。

冷たいものを飲むときは、一気に飲むのではなく、少しずつ飲むように心がけてください。

 

 

5 夏野菜で カリウム・ナトリウムバランスを整えよう

夏は汗をかくことがおおく、汗とともに身体の外にでた塩分を補給しようとして、味付けが濃いものを選んでしまいがち。

するとナトリウム(塩分)の量が増えのどが渇いて水をがぶ飲みしてしまいます。

それを防ぐためにも、夏野菜に多く含まれる カリウムを摂取して、体内のナトリウムとカリウムのバランスを整えてあげましょう。

夏野菜をつかった簡単レシピ集♪

 

 

まとめ

特に これをしなくっちゃ!と意気込むのではなく、毎日の生活で 少しだけ気を付けてあげることで、むくみ対策はできます。

毎日続けることが一番大切です。

気が付いた時に、足首を回したり、軽く足あげ運動をしたり、冷たいものばかりではなく、たまに温かい汁物を飲んだりとできることをコツコツと続けていきましょう。

早くやっときゃよかった…と後悔する前に、身体はケアしてあげるのが一番ですよ♪

 

関連記事

プチ冷え症の冷え対策 ~白湯を飲む~

プチ冷え症の冷え対策 その2~はらまき編~

プチ冷え症の冷え対策 その3~身体編 血の巡り~

ダイエットで水をのむといい理由とは?

デトックスウォーターで「梅雨のむくみ」を解消しよう!

 

 

スポンサードリンク

 スポンサードリンク



 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す