映画「信長協奏曲」納得のいく終わり方だった。※ネタバレあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

nobunaga

ただ今絶賛公開中 の 映画「信長協奏曲(コンツェルト)」

ほかに見たい映画もなかったので、「じゃ、見てみるか」と軽いノリで見に行ってきました。

もちろん ドラマも全部見たし、「本能寺の変」をどう描くのか気にはなってたんですよ。

ドラマを見ていない人のために、ドラマのおさらいから、映画の感想を書いてみようと思います♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

信長協奏曲 とは

高校生のサブロー(小栗旬)は修学旅行中にひょんなことからタイムスリップしてしまう。

時代は 戦国時代。

目の前に現れたのは 自分とまったく同じ顔をしたお侍。名を「織田信長」という。

そう、あの名武将「織田信長」その人でありました。

しかし、史実とことなり、父からも「お前は家督次ぐ器ではない」と言われ、長男として織田家を継ぐことが嫌になった信長は、同じ顔のサブローに

「織田信長として生きてくれないか」と自分と入れ替わることを頼む。

深く物事を考えないサブローは その申し出を受けてしまいます。

平成の世からタイムスリップした高校生サブローが「織田信長」として生きていく中で、さまざまな体験をし、「自分がいた世界はなんて幸せな世界だったんだ」と気づき、織田信長として「戦の無い平和な世の中をつくりたい!」という一心で 戦国の世を駆け上がっていく…というストーリーです。

ドラマでは サブローの正体が一部の人間にバレて、現代へ戻ろうと一度は決心するものの、「平和な世の中を作るんだ」という思いの故か 現代に戻ることなく、「織田信長」として歴史を紡いでいく…というところで終わっていたんですね。

映画はその後・・・ ということで、一大クライマックス「本能寺の変」が描かれています。

 

迫力が違う!クライマックス「本能寺の変」は本物の炎が燃え盛るなかで撮影!!

映画は サブロー扮する織田信長が いくつもの戦を家来たちとともに勝ちあがり、もうすぐ 天下統一する ということろから始まります。

安土城 が完成し、すっかり 「織田信長」として生きているサブロー。天下統一すれば 戦の無い平和な世の中がくる。それを信じてなんとか戦ってきていたのです。

本物の「織田信長」は 明智光秀 としてサブローのそばに仕えているものの、太陽のように輝き、家来みんなから慕われているサブローに 「本来であれば自分があの場所にいたはず…」とどうしても ぬぐいきれない思いがでてきます。

おまけに 自分には非情であった妻 帰蝶(柴崎コウ)までもが、サブローを慕い、本物の夫婦のよう。

それも 許せない織田信長(明智光秀)。

そんな光秀の様子を 見過ごさないのが 羽柴秀吉(山田孝之)。織田信長時代の光秀に自分が住む村を焼かれ、いつの日か仇を取ろうとここまで来た秀吉は、その機会を虎視眈々を狙っていたのです。

秀吉はサブローが本物の信長ではなく、光秀が信長であることを見抜き、光秀にサブローを打たせ、逆賊として光秀を自分が打つ。

それにより、天下もとれるし、かたき討ちもできる と考え、それを実行しようと試みます。

実行するのはいつか…その機会を狙っていた秀吉が、ついに動いたのが

「織田信長は歴史上もうすぐ死ぬ」という事実をしったサブローが、「歴史に逆らって生きていく!」という決意し、帰蝶と「本能寺」で結婚式を挙げる と言い出した時。

そう、ここでうま~く 歴史と映画がリンクしてくるんですね。

このドラマのうまいところは サブローが意図していないにもかかわらず、歴史通りに動いてしまうのをとても自然に描いているところ。

そして、その伏線も納得いく形になっているので、「なるほど~、そうきたか!」と思わせてくれるところなんですね。

まぁカンのいい人は ドラマで 織田信長が明智光秀として出てきた時点で この結末は安易に想像できたことでしょう。

その通りにことが運ぶのが 気持ちいいこと。

そんでもって、 いよいよクライマックスの本能寺の変。

これ実は 本能寺をセットで再現して、本当に燃やしながら撮影されたそう。

だから 火の勢いとか熱気とかがCGじゃないので すごく迫力ある映像になってますよ!!

honnnouji

画像:公式HPより

実際 消防の方立会いの下撮影が行われたそうです。

 

思っていた以上に 面白かった 映画「信長協奏曲」

ラストまでじっくりとみると 主題歌がしみてきますよ。

おススメでございます♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す