映画「ミックス」 見てきました♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ラブコメディの王道!「ミックス」

Ⓒ2017ミックス製作委員会

「リーガルハイ」や「デート~恋とはどんなものかしら~」の脚本でおなじみ 古沢良太(こさわりょうた)さん脚本で、ガッキー主演の「ミックス」を見てきました♪

 

最初 瑛太とガッキー??会うような会わないような。しかも卓球かぁ。

といまいちピンとこなかったのですが、さすが古沢脚本にはずれなし! 予想以上に面白かったです☆

もうちょっとコメディ色がつよいのかな?って思ったんだけど、がっつりいい感じのラブコメでした。

まさに王道やん!って感じ。

そんでもって、「いや、瑛太、マジそれやばいって。かっこよすぎだって」と思わず突っ込んでしまったシーンもwww

 

それと、SHISHAMOが歌う主題歌「ほら、笑ってる」

映画のための書下ろしですが、すごく映画とぴったりの世界観。

主人公の多満子をはじめとする登場人物たちはそれぞれにいろんな悩みを抱えてて、「生きてていいことばかりじゃない、うまくいかないこともある」と思いながら、それでも 懸命に少しでも笑っていられる場所を求めて 卓球に出会った人たち。

そんな彼らの想いが歌詞に現れた曲で、エンドロールで流れてて、「あぁ、この曲いいなぁ」と思いました。

MVはこちら

ぜひ聴いてみてくださいね♪

 

ではここから先はネタバレします。

あらすじ・キャストなどをまとめてみました♪

スポンサードリンク

あらすじ

 

富田多満子(新垣結衣)は幼いころ 天才卓球少女と呼ばれ、母華子(真木ようこ)に過度な期待を背負わされスパルタ教育を受けていた。ほんとは卓球なんて嫌で嫌で仕方なかった多満子は母が病死した後すっぱり卓球をやめ、普通の女の子になって普通に生活して、普通に幸せになりたいと夢を描き普通のOLとして過ごす日々であった。

そんな多満子の前に 卓球界の王子江島(瀬戸康史)が現れ、なんとひょんなんことから付き合うことに!

これで幸せな結婚ができる♪ と浮かれる多満子だったが、会社の卓球部に江島の後輩の卓球界のヒロイン愛莉(永野芽衣)が現れ、寝取られてしまう。

「人生に奇跡なんて起きない。。。」と失恋の痛手を負ったまま、実家へと変える多満子。

その列車の中で女子高生に興味を示す不審な男(瑛太)を目撃し、「不審者だ」と思い込んだ多満子は男に近づき、二日酔いの勢いでおもわずリバースしてしまう。

その男こそ、運命の人 萩原であった。

実家に帰った多満子は何をするわけでもなくただぶらぶらしていた。父達郎はそんな多満子に「借金があるから、卓球クラブは売りにださなきゃならない。」と話す。

久しぶりに 卓球クラブを見に行くと…年月がたちぼろぼろになった外観。そして中では 多満子の幼少期を知るセレブ妻吉岡弥生(広末涼子)と息子を亡くした悲しみを抱えながらも明るくすごす落合夫婦(遠藤憲一・田中美佐子)、高校を登校拒否している佐々木優馬(佐野優斗)の4人がいた。

そこへ 新人の萩原がやってきて、多満子と再び出会う。

洋服のクリーニング代をかけて卓球で勝負しよう と言われた多満子は15年ぶりに卓球をすることに。ここからまた卓球と向き合うことになる多満子。

傾きかけたフラワー卓球クラブを人気クラブにするために、そして 元彼をギャフンといわせるために、多満子達は男女混合のミックスの全日本選手権神奈川県予選の出場することに。

それなりに練習を重ね出場するものの、惨敗におわる。

悔しくて、情けなくて気落ちする多満子に「元彼とちゃんと話をしたほうがいい」とつれだす萩原。
しかし、いざ練習場について、社会人クラブのトップとして必死に練習する江島の様子をみて 自分の甘さに気づき落ち込む多満子。

萩原と食事をしながら「甘かった…。勝てるわけがない」と話をしている最中に、なんと同じ店に 江島たちがやってきて、あろうことか多満子のことをバカにした話をしだした。

それを聞いていたたまれなくなった多満子は気づかれないように外にでようとするが、いかんせんこういう時にやってしまうタイプ。そばにあった 小物を落とし、多満子だときづかれてしまう。

その様子を黙ってみていた萩原はすかさず江島のところへ行き

「みんながみんな、あんたらみたいにできるわけじゃない。信じられないくらい不器用にしかいきれない奴もいるんだ。でも必死で生きている人間を笑うな」

と一喝。

そして、 来年の全日本で 江島をぶっ潰そう!と多満子と誓い合う。

必死で練習を重ねていく二人は心の距離も少しずつ近づいていく。

お互いの過去もさらけ出し、いつしかいろいろな意味で 大切な人となっていた。

もうすぐ全日本の予選会が始まるというその時、萩原の元奥さんと娘が卓球クラブにやってきて、「萩原を東京に呼び戻して、就職先を紹介したい」という。そしてその面接の日が予選会当日。

今までの練習を思い起こすものの、「娘と卓球がしたい」と卓球を始めた萩原のことを思うと…何も言えなくなる多満子。

そして、そんな多満子のもとに なんと江島が「愛莉と別れた。もう一度自分と付き合ってほしい。」と言ってくる。

動揺が隠せない多満子。

はたして、多満子と萩原はどうするか??・・

 

スポンサードリンク

豪華キャストのみなさん

とにかく、主要な登場人物以外もすごく豪華なんですよ。

特に 生瀬さんの使い方が 「まじですか?」というくらい贅沢www

かなり笑わせてもらいました♪

 

卓球シーンは多満子・萩原ペアも江島・愛莉ペアもさすがでしたよ。

いや ここまで練習するの大変だったろうなぁ…と感心しました。

 

現役の卓球選手も多数登場していて、「あ、でたでた!」と見つけるのが楽しかったです(笑)

 

 スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




カテゴリー