DESTINY鎌倉ものがたり 見てきました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

DESTINY鎌倉ものがたり~物語も映像も楽しめる映画です~

Ⓒ2017DESTINY鎌倉ものがたり製作委員会

 

12月9日公開の映画 DESTINY鎌倉ものがたり をやっと観てきました!!

前評判通り、すごくファンタジーですが、夫婦愛をしっかりと軸にしたお話で 物語も映像もどちらも楽しめる映画でした。

昭和な雰囲気が漂う鎌倉に妖怪たちが自然になじんでいて、スターウォーズの世界観をちょっと思い出しました。

見た後に ほっこり♡として、心があったかくなるそんな映画です。

おもわず パンフレットも買っちゃいましたww

 

ここから先は あらすじやキャストなど感想を交えてまとめています。※ネタバレあり

興味のある方はぜひ読んでくださいね♪

スポンサードリンク

豪華なキャスト陣

Ⓒ2017DESTINY鎌倉ものがたり製作委員会

オールキャスト勢揃い!

主人公 一色正和(堺雅人)・・小説家。亜希子と結婚して鎌倉の家で生活している。祖父も父も民俗学の教授。鉄道オタク

    一色亜希子(高畑充希)・・アルバイトで訪れた正和と電撃結婚。いい奥さんになるため家事をがんばる。明るくて優しい正和自慢の奥さん♪

    本田(堤真一)・・編集者。前半の主人公はこの人。病気で病に倒れ死んでしまうが、残された家族のことが気になってこの世に残るため魔物に姿を変えて見守っている。

    死神(安藤さくら)・・文字通り死んだ人を「黄泉の国」に送り届ける死神。けっこう人情味あふれている。

    きん(中村玉緒)・・一色家に仕える家政婦。85歳といっているが、どう計算しても実年齢は130歳ほど。妖怪みたいだけど、人間らしい。

    本田里子(市川実日子)・・本田の妻。夫が亡くなり娘とほそぼそと暮らしている。

    ヒロシ(ムロツヨシ)・・里子のことが好きな同僚。魔物になった本田にやっかまれるが、すごくいい人。

    甲滝五四朗(三浦友和)・・小説家。正和のトラウマになっている人物。でも実は…

    一色絵美子(鶴田真由)・・正和の母。父がいない間に甲滝五四朗のもとに足しげく通っていたのを正和に目撃されていた。正和が子供の頃に他界し黄泉の国で暮らしている。

他にも 橋爪功さん、吉行和子さん、國村隼人さん、要潤さん、大倉孝二さん、薬師丸ひろ子さんなど多彩な顔ぶれ。

そして、黄泉の国に住む 魔物天頭鬼は 一色夫婦を引き裂こうとする宿敵。声を古田新さんが演じています。

芸達者な俳優さんたちによる演技が不思議な世界へと違和感なく引きこんでいきます。

Ⓒ2017DESTINY鎌倉ものがたり製作委員会

 

あらすじ

一色亜希子は小説家の一色政和と結婚して、妖怪や魔物、おばけと住人が一緒に暮らしているなんとも奇妙な鎌倉で生活することになった。

最初は怖がっていた亜希子も徐々にそんな不思議な生活になれ、かいがいしく夫政和のお世話をしていた。

ある日 妖怪たちの夜市に出向き、ある魔物に「魔界まつたけ」を売りつけられてしまう。

まつたけは正和の大好物。喜んで朝食にだすと、一口食べた正和が幽体離脱をしてしまう。

家政婦のキンがそばにいて、「これは魔界まつたけですよ。人間には毒なんです。食べると魂がでちゃいます」と言われてしまう。味見をした亜希子も「魂が出やすくなっているので気を付けるように」と念を押した。

 

正和は編集者の本田が病に倒れ、余命いくばくもないと聞かされお見舞いに行くと…すでに本田はなくなっていた。
死神と歩いているところを偶然みた正和。死神に「あなた最近死にかけたでしょ?」と言われてしまう。

どうにかしてこの世に残りたい と幽霊申請を申し出る本田。しかし申請はもうできない。ただし…記憶はそのままで魔物に生まれ変わることはできる と言われ、本田は「かえる」の魔物として生きることに。

残した妻と子のことを暗示、正和と共に何度も家まで見にいっていると、ある日見知らぬ男(ヒロシ)と一緒に楽しそうにしている妻の姿を目撃。口では「うれしい」と言うものの、身体が変化し怒りに震えていた。

とうとう、いてもたってもいられなくなり、ヒロシの前に魔物の姿でつめよる本田。「本気じゃないなら近寄るなっ!!このままお前を喰ってしまうぞ!!」と脅すが、ヒロシは「僕は絶対にあきらめない!!彼女と一緒になれないなら、ここで食べられた方がましだ!」と男気をみせます。

その姿をみて、一瞬人間の姿になった本田は、ヒロシの気持ちが本物だとわかり帰ります。

その様子を一部始終みていた正和は 本田を連れて小料理屋静へと行き慰めていました。

すると女将から「悪い霊がついている。この札を玄関にはれば大丈夫」といわれてしまいます。

 

仕方なく家に帰り玄関にお札をはると、すぐあとに帰ってきた亜希子がなぜか家に入れない。

もしかして…「お前は霊体なの?」と聞く正和。

すると亜希子は「やっぱり…」と思い当たる節があるようだった。

急な執筆の電話があり、急いで正和に伝えようとしたとき、急に赤い手がでて転んだとき、身体から出てしまっていた。

あわてて戻ったけど、身体が消えてどこにもなくて、そのまま生活していた。忙しそうだったから正和には言えなかった。

という。

するとそこへ死神がやってきて

「ご遺体(身体)がない状態=幽霊なので、黄泉の国へ行かなければなりません。」

と言う。それを聞いた正和は思わず詰め寄るが倒れてしまう。

死神が言う

「あなた(亜希子)の霊体を実体化するために、だんなさんの生体エネルギーをつかっていました。そのせいです」

と。

それを聞いた亜希子は 黄泉の国へと行くことに。

身体がないばっかりに… と亜希子のぬけがらを探す正和。

鎌倉署の心霊捜査にお願いして、亜希子の身体を探し出した正和は、黄泉の国へ亜希子を連れ戻しに行くことを決心する。

そして、自分の本当の父かもしれない甲滝五四朗が残した絶筆の小説が、実は空想ではなく事実に基づいた話だと気付いた正和はその小説に書いてある方法で黄泉の国へ行くとキンに言う。

すると、キンは一枚の紙をとりだし「ここに住んでいる筈です。自分で確かめてきてください」と正和に手渡した。

 

魔界まつたけを食べて霊体となった正和は黄泉の国へとタンコロにのって出かけた。

Ⓒ2017DESTINY鎌倉ものがたり製作委員会

そこは まるで 映画のワンシーンにでてくるような場所だった。

死神から 「亜希子のことを調べたら、魔物の天頭鬼の仕業だったことが分かった。」と伝えられる。

天頭鬼が亜希子を見初め妻にするために手下をつかって起こしたのが原因だったのだ。

なんとかして 天頭鬼から亜希子を取り戻す!!と決心する正和。

 

そのためにも 甲滝五四朗の元へいかなくては と死神に連れて行ってもらう。

家の前につくと、中から母絵美子が出てきた。

(あぁ やっぱり…)と落胆する正和。

すると 五四朗も出てきて、なぜか

「正和!!」となれなれしく名前を呼ぶ。

「ほら、俺だよ俺。わからないのか?こうして、こうすると、ほら」

といって、メガネと帽子をかぶると…なんと実の父その人であった。

要するに父は祖父に反対された小説家になりたいという夢をあきらめきれずに、こっそり名前を変えて小説を書いていたのだ。

そのことを知り安堵する正和。

そして 亜希子のことを話、どうしたらこの黄泉の国から現世へと帰れるのか?と五四朗に尋ねる。

すると

「ここはお前の想像が作り出している世界だ。想像力で戦え」

と言われる。

 

その言葉を胸に、天頭鬼の館へと乗り込む正和。

無事 亜希子を連れて 現世へと帰れるのか?

天頭鬼はなぜ亜希子の存在を知っていたのか?

続きはぜひ映画館でご覧ください。

 

 

原作

原作は 西岸良平さんの漫画「鎌倉ものがたり」

映画の原作エピソード集も上下巻で発売されていますよ。

 

 

 

 

 

 

原作は短編集なので、その中からよりすぐりの作品をつなげて、映画化されています。

脚本は監督の山崎さん自らが書かれています。

才能がすばらしい と主演の堺雅人さんがコメントされていました。

 

感想

 最初はほのぼのとしていて、見ていてほっこりするような場面が多かったのですが、正和が天頭鬼と対決して、亜希子を取り戻すシーンは迫力満点でした。

ラピュタや千と千尋の神隠し を見ているような感じ(笑)

大人でも ドキドキ ワクワクしてしまう そんな映像でとっても楽しかったです。

それに編集者役の堤さんが冒頭すぐ死んじゃって、まさかのカエルになるだなんて!!

でも見慣れてくるととっても人間臭くて、かわいげがありました。

昭和を思い出す鎌倉のレトロな雰囲気もすごくよかったし、一色夫婦が棲む家がトトロにでてくる「めいのおうち」のような感じ。

 

なにより、お手伝いのキンさんがどうみても妖怪にしか見えなくてww 中村玉緒さんのキャスティング最高だな と思いました。

出番は少ないけど、要潤さんと大倉孝二さんの役もおもしろかったんですよ~♪

「え?あなたもなの?」って感じです(笑)

 

一色家のお庭であそんでいる 妖怪なんだか魔物なんだかわからない子たちもかわいくって、もう一回隅々までみたいなぁって思わされる作品でした。

何度見ても新たな発見ができそうな小技が効いていて、好きな人にはたまらない映画だと思います。

 

 スポンサードリンク



 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。