wowow連続ドラマW プラージュ 第3話感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~第3話感想

Ⓒwowow

第3話見ました。

今週は ちょっと泣けて、ほっこりしたのもつかの間 後半 かなりずっしりとした重量感のある内容。

そこからの 来週への伏線が どうなる?どうなる? となんかドキドキがとまらない状態で ただ今執筆中でございます。

 

いったん 気持ちを落ち着けながら、今週のおさらいをしてみますね。

では ここからさきはネタバレとなります。

さぁ いきますよ♪

スポンサードリンク

切ない みっちゃんのお話。

先週 プラージュの住人 中原通彦(渋皮清彦)の元にに一人の女性が訪ねてきました。

でもその女性に頑なに会おうとしない通彦に「なんで?」と素直に聞く 貴生(星野源)。

すると通彦から 「元婚約者だけど、俺人殺しだから会えない」と言われてしまいます。

 

人殺し!?

その言葉に動揺を隠せない貴生は、それから気になってしかたなくなり、夢にまで見てしまう始末。

ある夜悪夢にうなされて(通彦が人を殺している夢)目が覚めて、水でも飲もうと下に降りるとなぜか冷蔵庫の扉があいている。不審に思いつつ 占めると、後ろから包丁をもった通彦に羽交い絞めにされ 思わず叫び声をあげてしまいます。

Ⓒwowow

なんじゃない、夜食にラーメンを作っていただだけだったみっちゃん。恐る恐る一緒にラーメンを食べながら、「ほんとに人殺したの?」と聞く貴生。すると「まぁね、過失致死で5年服役してたから」とあっさりいう通彦。

そして、「シャブも人殺しも 世間ではかわんないぞ。犯罪者ってだけで 自分とは違う人間ってみられるから」と言われてしまう貴生。自分で自分のことを犯罪者だといまだ認めていない貴生にとって深く心に刻まれた言葉でした。

 

通彦は業界でも有名な会社のデザイナーをしていたんですが、婚約者ののぞみと二人で独立をしようとしていた時、たまたま行ったライブハウスで、悪態をついていた男に注意をしたのぞみがその男から殴られてしまい、それを見た通彦は我を忘れて男に襲いかかって、なぐり殺してしまったのです。

いまは デザイナーをしていた当時の会社の社長が別で経営している洋服店の店長を任されていて、たまたま手伝いにいった貴生はその社長さんから通彦の過去を聞いたのでした。

そして、のぞみがなんで通彦に会いに来たのか、のぞみの元へと出向き、訳を聞きます。

すると…今度結婚することになって、昔「結婚するときは通彦がウエディングドレスを作ってくれる」という約束を守ってほしかったから会いに行ったんだ。と貴生に話てくれました。

 

それを聞いた貴生は、通彦に「ウエディングドレス 作ってあげなよ!」とおせっかいを焼きます。通彦ものぞみの幸せのための手伝いができるならば…と承諾。

そこから貴生も手伝って、ウエディングドレスを完成させました。

 

前撮りの日、ウエディングドレスをもって式場にいったのは貴生一人。通彦は徹夜で作っていたのであとから来る予定。

Ⓒwowow

だったのですが、とうとう通彦は現れませんでした。

酒場で飲んでいる通彦のもとへいって「なんで来なかったんだよ!!」と詰め寄る貴生。

「行けなかったんだよ。見たかったよ、会いたかったよ。でも幸せそうなのぞみの姿を見るのが怖かったんだ…」と泣き崩れる通彦でした。

 

貴生は就職活動をするものの、自分が前科者だという負い目からなかなかうまく就職が決まらず落ち込んでいました。

そこに プラージュの住人の美羽(仲里依紗)がやってきて「何落ち込んでるの?」と話しかけてきて、お手伝いにいっているところのおじいさんから、大切な人はいないのか?と言われたけど「大切な人ってどんな人なんだろう?」と貴生に聞いてきました。

「家族とか、恋人とか、友達とかじゃない?」と答える貴生。すると美羽は

「友達になって」と貴生に言います。

なんだかうれしくなった貴生。その数日後、美羽にちょっと付き合ってほしい と言われいそいそとついていくと、お手伝い先のおじいさんの家でした。

おじいさんの手伝いをしたあと 「娘さんを16の時に殺され、その犯人は服役を終え今では子供もいて普通に暮らしている。みんなが決めたルールにのっとって、犯した罪を償ったんだから、それでいいんだ」 というおじいさんの話を聞いた貴生は 「納得いかない」と言います。

すると「みんなそういうんだ。被害者のご家族の気持ちを考えるとって。家族の気持ちなんてわかる筈がないのに。犯罪者を受け入れるかどうかは 被害者じゃなくて、社会全体が決めるんだ」そうきっぱりというおじいさん。

 

貴生は複雑な面持ちで聞いていました。

帰り道、美羽に「おじいさんの娘さんの話って知ってた?」と聞くと「うん。聞いた。貴生君私の犯した罪のこと聞きたい?」と言われてしまいます。

 

「知りたければ今夜部屋に来て」

と言われた貴生は、みんなが1階で飲んでいるところを見て、美羽の部屋へと出向きます。

そこで美羽が過去を打ち明けます

「私 17の時に 人を殺したんだ」

 

来週に つづく。。。

 

スポンサードリンク

来週はプラージュの住人の過去が世間にばれて 大変なことになりそう!!

いやいやいや、マジで「そこで終わりなんですか?」ってところで終わって、間髪入れずに来週の予告VTRが流れて、それを見ただけで うっそ!そんな重い展開になるの? って感じです。

事は 再審中の加藤智樹(スガシカオ)の自宅での様子が週刊誌に掲載され、「だれが撮ったんだ?」とみんながいぶかしげに思っていた矢先、今度はプラージュの住人全員が前科者という内容の記事が同じ週刊誌に掲載されてしまう。

全て ライターの野口彰(眞島秀和)が書いているんだけど…

どうなる? プラージュにそのままみんな今まで通り住めるのか?

 

いやぁ ドキドキしてしまいます。

来週も お楽しみに♪

 

 スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




カテゴリー