40代ダイエット禄~体重よりも 痩せて見える方が大事~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

やっぱり 痩せて見える!が一番。

 

夏に向けて ダイエットするぞー!! と 気合いが入る季節になりました。

痩せたいよね~

ダイエット=体重を減らす という図式が一番に頭に浮かぶ人が多いと思います。

が、しかし、体型=肉のつき方を変化させないとせっかく痩せても痩せて見えない!!

特に 40もすぎると、体重が落ちると 頬がこけ、胸が落ち、やつれた感じがでて、ちっとも健康的じゃない。

しかも ウエストは寸胴だし、二の腕はぷるぷるで、膝の上には肉がたまったまま… 😯 

 

これじゃぁ 痩せてたね♪綺麗になったね♪ って言ってもらえないのも無理はない。

 

ということで、体重はそこそこに、それ以上に 痩せて見える体型にするために必要なことをまとめてみました!

決して 難しい動きとかじゃないので、すぐにでも始められますよ!

 

今から頑張れば、夏には 腕も足も自信もって 出せる!(かも?)

では早速 見てみましょう♪

スポンサードリンク

まずは 姿勢

とにもかくにも バランスの良い体型になるためには、その基本となる 姿勢(骨格)を知ることが大事。

理想的な姿勢は 骨盤の真上に頭が乗っている状態

http://start-diet.com/より

自分がどんな姿勢でいるか、骨盤はどうなっているかを確認してみましょう。

猫背で、背中がまるまっていて、下腹がポッコリ出ている人は 骨盤が後ろに傾いている 骨盤後傾姿勢 

そり腰で腰痛がある人は 骨盤が前に傾いている 骨盤前傾姿勢

まずは 骨盤の位置を まっすぐ平行にするためのストレッチから 初めてみましょう。

 

骨盤をまっすぐ平行に保つストレッチ

①うつ伏せになる

http://ameblo.jp/exercisebible/entry-12263966071.html

②両手を頭の後ろ、上半身をみぞおちの辺りまで浮かせます。
下半身は太ももが地面から離れるまで浮かせていきます。

http://ameblo.jp/exercisebible/entry-12263966071.html

③②の状態で足同士をくっ付け、内側に押し合います。
6秒行い3秒休憩、10回目安に行います。

上半身と下半身を同時に浮かせる
→これを立った姿勢で見ると
股関節が頭ー足首の
直線上にある姿勢
になります。

背中ーお腹ーヒップが姿勢維持に働き
エクササイズ後の姿勢の保持に繋がります。

足を内側に押し合う
内ももーヒップが同時に働く
骨盤が地面に対して垂直
立つようになります。

股関節は骨盤についており、
骨盤が前後に傾いてしまうと
柔軟性が低下してしまいます
→脂肪がつきやすい、カロリーを使えない。

これが姿勢とともに改善されることで
痩せ見え姿勢、多くのカロリー消費
の体質を付けることができます。引用:ダイエットの基礎「実際より3キロ痩せて見える痩せ方」 より

スポンサードリンク

筋膜リリース で体を整える

テレビなどでも話題になった 筋膜リリース

肩こりや腰痛などを自分で軽減できるのはもちろん、体のバランスを取るうえでもかなり有効です。

 

動画にも登場している 竹井仁先生の本

 

 

この本 私も持っていますが、すごくわかりやすい!

全身、首~肩、骨盤、顔 など さまざまな部位の筋膜リリースの方法が書いてあります。

肩こり、首の痛みがひどかったのでそれを何とか改善しようと購入しましたが、読むうちに

「これは 体型を整えるのにもぴったりだ!」

と確信。

 

筋膜は 「第2の骨格」 とも呼ばれ、筋膜以外の部分を溶かしても身体の形がのこるほど全身にくまなく張り巡らされているのです。

つまり 筋膜の歪みを取ることで、

全身のバランスが整う⇒バランスの良い筋肉が付く⇒スタイルが良く見える という図式が完成!!

しかも 筋膜リリースは 1回20~30秒くらい 伸ばすだけなので 苦しくもつらくもない。しかも3分すれば十分。

筋膜リリースで整えた後に、適切な運動を行うことで ストレッチや運動だけよりも より効果が早くなります。

金スマで見たのが最初でしたが、本にはすごく詳しく書いてあるので 1冊持っておいて損はないですよ。

自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド [ 竹井仁 ]

スポンサードリンク

肩幅を狭くして 華奢な身体に見える方法

肩幅が狭くなる?そんなんできるの?

と私も思いました。しかし、肩周りがごつく見えるのは生まれつきというより、後天的な原因があったんです。

肩幅が広がる2つの原因
体型や姿勢の悩みには
必ず使いやすい筋肉、使わない筋肉
アンバランスが作られた結果現れます。

肩幅から体型がゴツく見える原因は
脇の筋肉の硬さ
脇腹の筋肉の硬さ

この2つが同時に現れる時
肩が前に巻かれ肩幅を広げる
ウエストがくびれない
ヒップにボリュームが付かない
が同時に起こり
ガタイの良い体型が定着してしまいます。引用:モデルが選ぶ、ボディメイク習慣より

 

つまり 日常の生活習慣から 使わない筋肉(脇・脇腹)の周りに脂肪がついている ということ。

ならば、その使っていない筋肉を上手に動かして脂肪を減らすことで、脇の脂肪や、二の腕のぷるぷるがすっきりする⇒必然的に肩周りが華奢になっていきます。

スムーズに変わる!肩幅の変え方

①両手を膝に付き背すじを伸ばします。
片方の手を地面に伸ばします。

http://ameblo.jp/exercisebible/entry-12262861525.html

②下ろした手をおへそに向かって引きながら上体を捻ります。
(慣れて来たらペットボトル等を持って行いましょう)
15回行い反対も同様に繰り返します。

http://ameblo.jp/exercisebible/entry-12262861525.html

上体を前傾し、身体をねじる
→前傾姿勢で
ヒップ上部が働きます。
肘を引き、捻ることで
肩甲骨の中部、下部が働きます。

片手ずつ行うこと
→日常動作はすべて
左右非対称、対角の動きが行われます。

左手で引く場合は、左の肩甲骨、
対角の右のヒップと連動して動きます。
日常のクセを解消するためには
エクササイズも
片側ずつ行うことが効果的
です。引用:洋服に選ばれない「ゴツイ肩幅を狭める2つのポイント」より

 

まずは 姿勢を整えて、全身のバランスをとり、これからの季節目立ちやすい 肩回りをすっきりさせることで ただ体重を落とすよりも 痩せて見える体型 になること間違いなし!!

どの動きも 簡単だけど効果抜群なので ぜひお試しください♡

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。