連ドラ感想 コンフィデンスマンJP 第1話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コンフィデンスマンJP~痛快なコンゲーム~

Ⓒフジテレビ

いよいよ始まりました!

コンフィデンスマンJP

「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」でこれでもかっ!というほど楽しいドラマを作り上げた 大好きな古沢良太さん書下ろし。

題材は コンゲーム。

“コンゲーム”とは、信用詐欺、取り込み詐欺師、さらには、だましだまされ二転三転するストーリー。

ここ最近、いい女優さんになってきたなぁと思っていた長澤まさみと、東出くんに小日向さんの3人が コンフィデンスマン(信用詐欺師)となって、悪い奴らからお金をだまし取る という痛快コメディ。

Ⓒフジテレビ

毎回かなり豪華なゲストがやってくるみたいですね♪

古沢作品は テンポがいいのと、めっちゃバカにしてるけどたまいいいこと言う主人公、出てくる登場人物がみんな愛らしい♡

今回も期待通りな感じでありました♪

どんな内容か…ここから先はネタバレします。(ネタバレしたくない人はここまでにしといてくださいね)

スポンサードリンク

ストーリー

ダー子(長澤まさみ)は、天才的な頭脳と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師。高級ホテルのスイートルームに居を構える、破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性だ。

そんなダー子と組んでいるのは、お人よしで小心者ゆえにいつもダー子に振り回され、早く詐欺師稼業から足を洗って真っ当に生きたいと願っているボクちゃん(東出昌大)と、超一流の変装技術を持ち、生まれながらの品の良さを生かして相手を騙すリチャード(小日向文世)だ。

ダー子が新たなターゲットとして目を付けたのは、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)。表の顔は文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士だが、その裏では経済ヤクザとして暗躍し、日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男だった。赤星は何よりも仲間を大切にし、そのファミリーは鉄の結束で結ばれているとも言われていた。

ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測。貨物船舶の船長に扮したリチャードを赤星に接触させる。ところが、何故かその正体がバレてしまったリチャードは瀕死の重傷を負い、病院に収容されてしまう。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを離れていたボクちゃんは、知らせを受けてリチャードの敵を討つと決意。ダー子とともに赤星を騙すための作戦を立てるが……。

公式HPより引用

 

第1話のメインゲストは 江口洋介。

江口洋介扮する赤星は経済ヤクザのドン。

いやぁ、今回気合い入ってましたねww

見るからに「ヤクザやん!」って感じの風貌だし、まさかのラスト「そこまでする?」って感じの展開。

 

瀕死の重傷をおったリチャード(小日向文世)を前に、もう2度とこんなこと(詐欺)はしない!と言って出て行ったぼくちゃん(東出昌大)は仇を取る!と再び仲間に入る(っていうか毎回絶対仲間にはいるだろww)

その時のダー子(長澤まさみ)とボクちゃんの会話から、どうらやこの二人は幼なじみで、ダー子がつねにボクちゃんをいじめていたらしく、そのたびにリチャードが優しく慰めてくれたらしい。

力関係がここではっきりとわかる仕組みになっております(笑)

ボクちゃんってきっとずっとこんな感じでダー子にいいように扱われてきて、そして今からもそれは変わらないのね と感じましたww

ボクちゃんのいためられっぷりも一つの見どころであります!

 

で、この騙しあいのスケールがでかい!

え?まじこれも全部?

ってほど。

それじゃぁ 元取れないんじゃ?と思ってみてたら、案の定 今回のお仕事の利益は小銭のみ という落ち。

 

リチャードのけがは最初から「これ ボクちゃんを引きこむための作戦じゃん」とわかったんだけど、このだましのスケールのでかさは想定外でした(笑)

 

どこまでが嘘で、どれがほんとなのか…見破る楽しさもあるドラマであります。

 

テンポもいいし、底抜けに明るくて、月曜日の夜にはもってこいですね。

一週間が楽しく始まる感じです♪

やっぱ 古沢作品好きだな~。

 

来週は 吉瀬美智子vs長澤まさみ だそうですよ(まんまじゃねーかww)

Ⓒフジテレビ

楽しみであります♪

 

動画は FOD無料配信 で期間限定で配信中ですよ♪

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。