ドラマ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

連ドラ感想 シグナル 第1話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

シグナル 長期未解決事件調査班 第1話

Ⓒカンテレ

 

昨日から始まった シグナル<長期未解決事件捜査班>

坂口健太郎くんが連ドラ初主演。

あんまり予備知識なしにとりあえず見てみたんだけど…これがなかなか想像以上に面白かった!

 

 韓国ドラマのリメイク版なのですね。

こちらが本家↓

 

韓国ではドラマ賞総なめの 大傑作!と絶賛されています。※詳しくは公式HPを見てください。

海外のドラマはあまり興味ないので見ないのでまったく知りませんでした。

 

1話見ただけでも、かなり話しにぐいぐい引き込まれる感じ。

そして、画質が映画ぽくって、シリアスな展開にぴったりでした。

謎の無線機を通じて、現在と過去の刑事2人が未解決事件を解決することで、現実(未来)が変わっていく…というお話。

これで見ると「ん?なんのこっちゃ?」という感じですが、ドラマを見たら、「なるほど!」とおもえます。

 

時代が交差するので、ちゃんとしっかりドラマを見るタイプの人におススメ!

分析好きで、推理好きな人にはばっちりなドラマです。

なんとな~く見てると「?????」となる感じなので、ご注意ください。

 

ここから先はネタバレします。

登場人物、あらすじなどを簡単にまとめました♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

連ドラ感想 コンフィデンスマンJP 第1話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コンフィデンスマンJP~痛快なコンゲーム~

Ⓒフジテレビ

いよいよ始まりました!

コンフィデンスマンJP

「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」でこれでもかっ!というほど楽しいドラマを作り上げた 大好きな古沢良太さん書下ろし。

題材は コンゲーム。

“コンゲーム”とは、信用詐欺、取り込み詐欺師、さらには、だましだまされ二転三転するストーリー。

ここ最近、いい女優さんになってきたなぁと思っていた長澤まさみと、東出くんに小日向さんの3人が コンフィデンスマン(信用詐欺師)となって、悪い奴らからお金をだまし取る という痛快コメディ。

Ⓒフジテレビ

毎回かなり豪華なゲストがやってくるみたいですね♪

古沢作品は テンポがいいのと、めっちゃバカにしてるけどたまいいいこと言う主人公、出てくる登場人物がみんな愛らしい♡

今回も期待通りな感じでありました♪

どんな内容か…ここから先はネタバレします。(ネタバレしたくない人はここまでにしといてくださいね)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 第10話 #旅の終わり 感想※ネタバレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 最終回 さすが!な終わり方でした

ⒸTBS

 

終わりましたね。

最終回、まずリアルタイムでみて、その直後に見直して、さらに昨日もう一回見たww

結局3回見ましたよ。

3回見ても、やっぱり最後の六郎のセリフで涙がでるという。

 

とにかく 脚本・キャスト・スタッフ すべてが素晴らしかった。

おさらいがてら、あらすじと感想をまとめてみましたので、良ければお付き合いください♡

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 最終回前のおさらい 第9話 感想※ネタバレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル いよいよ最終回!の前のおさらい

ⒸTBS

いよいよ 明日16日で最終回を迎える アンナチュラル。

先週の第9話 見終わった後に放心状態となり、まとめようと思ったけど無理でした。

 

真犯人が現れたけど、まさかのあの人!?

そんな伏線ってあるのか?

 

と野木さんの脚本におののいてしまいました。

明日のためにもう一度頭の中をちゃんとおさらいして、最終回を見たいと思います。

 

ではここから先はネタバレになります。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 第8話 遥かなる我が家 感想※ネタバレあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 第8話 帰る場所は…

ⒸTBS

 

もう、ぼろ泣きでした。今日も。

公式さんが「ハンカチ必須です」と書いてあったので、心してみてたけど、予想以上に号泣。

つくづく これが1年以上前に書かれてた作品なのか?と思うほど、現実と微妙に重なりあってて、さらにセリフに重さがでていて胸が苦しくなってしまいました。

 

今回は 六郎が大活躍。そして神倉所長のUDIラボへの思いが随所にちりばめられていました。

父と息子の軋轢や表題の「遥かなる我が家」の意味。

 

もういろいろなことが 絶妙に折り重なっていて、切なくて悲しかったけど、でもほっとする感じもあって、なんかもう このドラマ大好きっ!!って言いたくなる感じです。

 

特に今回は 松重さんのセリフが泣けて泣けて仕方なかった。。

 

ということで、ここからおさらい入ります♪(ネタバレしていきます)

お付き合いしていただければ うれしいです。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket