切なかった アンナチュラル 第5話感想 ※ネタバレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンナチュラル 第5話 死の報復

いやぁ、今日のアンナチュラルは切なかったですねぇショボーン

まだまだ私の中ではひよっこの三男のイメージが強い、泉澤くんが今回のゲストで登場。

恋人の突然の死の原因がわからず、どうしてもその死の意味をしりたいと願う鈴木巧という青年役で登場。

実に よかった。

では ここら先はネタバレしながらおさらいしていきます。

スポンサードリンク

あらすじ

結婚を約束した彼女が 仕事に行っている間に溺死。目撃情報から 自殺とおもわれた。

が、その死に不審感を覚えた彼 鈴木巧(泉澤裕希)がUDIラボに遺体解剖を頼んだ。

 

しかし、それはなんと彼女の家族に無断で葬儀場から遺体を運びだし持ち込んだものだった。

解剖の途中にその事実が判明し、あやうく死体損壊罪で医師免許はく奪の危機をむかえるミコト。

 

ほんの少しの手がかりをもとに、本当はどこで亡くなったのか?どういう状況で亡くなったのか?を鈴木巧の気持ちを思って 調べて始めるミコトたち。

その先頭をきったのは なんと中堂だった。

中堂には 鈴木巧の気持ちが痛いほどわかった。

「今 調べなければ、永遠に答えのでない問いを抱え続けることになる。」

それは自分も同じだったから。※中堂先生は自分の彼女の遺体を自ら解剖している

ⒸTBS

ミコトたちが懸命に調べた結果、彼女の死の原因が明らかに。

そのことを 鈴木に一足早く告げた中堂先生。

それを聞いて、「やっとわかりました。」

と確信を得た鈴木は 亡くなった彼女の葬儀会場へと向かった

 

そして、真犯人と思われる女性をなんとナイフで刺してしまった。

逃げる女性を追いかけ

「なんで 殺したんだ!!」

と問い詰める。

「あれは事故だったの。自分が幸せなのを自慢するから。私より幸せなんておかしい」

そんな理由で… と絶句した鈴木は 追いかけてきたミコトたちの目の前で 再び女性を刺してしまった。

 

衝撃の現場を目撃し、なんとか刺された女性を介抱しようとするミコトとは対照的に 天をあおぐように見上げていた中堂。

 

一命を取り留めたことを知ったミコトは 鈴木が殺人犯にならなくてよかったと安堵するとともに、鈴木に事実を話せばこうなることはわかっていたのにそれを止めようともしなかった中堂を問い詰める。

「なぜ 鈴木さんの人生を狂わせるようなことをするんですか!UDIラボをやめてください」

と言い放つ。

「彼は本望だったろう。俺は誰がなんと言おうとUDIラボはやめない」

と答える中堂に対してミコトは

「だったら、こうじやゆきこ(中堂の亡くなった彼女)さんの件を話してください。もう 答えのない問いをさっさと決着つけましょう。あなたの気持ちを推し量ったりするのがもういやなんです。 同情なんて絶対しない」

と真っ向から言い放ちました。

・・つづく

 

中堂先生も切ない

見てて 非情に切なくなる回でした。

一生答えがでない問い それを持ち続ける人間の苦悩。

ミコトも「答えがでない問い」に悩まされる人間の一人だったから。

 

倫理と感情の間で揺れ動きながらも、その苦しみから解放させてあげたい という一心で調べていく姿は胸を打ちました。

 

そして、中堂先生が自分と同じような境遇の鈴木巧を見過ごすことができず、彼のために動き出すのもなんかその気持ちが痛いほど伝わってきて、セリフの一言一言が切なかった…

井浦新さんだから この味がでるんだよねぇ。ってしみじみ思いながらみておりました。

 

結局 中堂先生の彼女の死の真相を突き詰めていくのがラストまでの伏線なのでしょうねぇ。

来週は東海林さんが犯人? ミコトたちは東海林の汚名を晴らせるのかな?

楽しみであります。

 

 

 

 スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。