ゲキ×シネ 髑髏城の7人~アカドクロ~ をwowowで見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ゲキ×シネ 髑髏城の7人~アカドクロ~ 感想

初めて見ました!!ゲキ×シネ

噂には聞いていたけど、まだ一度も見たことなくって、「どんなんかなぁ?」と興味津々だった ゲキ×シネ。

先月入会した wowowでは 舞台の放送もちらほらやってて、そこに ゲキ×シネの文字発見!

これは見なくてはっ! と思って録画しておいたのを、やっと今日見ました。

 

いや、もう マジ めっちゃ面白かった!!!!!!

そのスケール!その迫力! うわっ!半端ねぇ って感じ。

想像以上に面白くて この時間(ただ今0:40すぎ)なんだけど興奮冷めやらず、眠気もぶっとんでおります。

今回見たのは 髑髏城の7人 ~アカドクロ~ でした。

小説版もあるみたいですね。

 

 

 

この髑髏城の7人って キャストもさまざまで何度も再演されています。

私が見たのは 2004年の舞台で、古田新さん主演、佐藤仁美さん、水野美紀さん、酒井真紀さん等が出ていました。

っていうか 佐藤仁美さんがめっちゃ若くてかわいいの!!

解説

http://www.e-oshibai.com/upload/save_image/08161311_5993c60b2ca46.jpg

ちなみに 左端で男装をしているのが、水野美紀さん、中央で耳引っ張られているのが佐藤仁美さんです。

ひよっこの高子さんもこんなに初々しい時代があったのね と思ってしまいました(笑)

関連画像

とにかく 舞台の上を縦横無尽に走り回るその姿が 若くて かわいくて♪

あと坂井真紀さんもめっちゃ若い!!

水野美紀さんはめちゃくちゃかっこいい!!

で、古田新さんは一人二役。

舞台で一人二役は いや、マジ過ごすぎ。

ドラマや映画でみる古田さんとはまた違っていて、「あぁ舞台役者さんなんだ」と改めて実感しました。

とにかく 想像以上に面白くて、2時間30分くらいあったんだけど、もう吸い込まれるように見てしまった。

これ、生でみたいわぁ。

とほんとにおもった。

都会にいって舞台を見たい!!

いつか行ってやる!!

と改めて心に誓ったのであります。

内容などは詳しくまとめてあるサイトがいくつもあったので、そこから引用させていただきます

ストーリー

奇しき縁にあやつられ、時代の裂け目に現れた名も無き七人の戦いが、今始まる。

時に天正十八年、戦国の雄―織田信長が逆臣の手にかかり倒れて、はや八年。
天下統一は浪速の猿面冠者―豊臣秀吉の手でなされようとしていた。
―――ただし、唯一関東を除いては。

黒甲冑身を包んだ武装集団“関東髑髏党”の首魁、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人。
関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城こそ、彼らの拠城―“髑髏城”であった。

天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。風雲急を告げる関東荒野。
そこに、奇しき縁にあやつられるかのように集まる者たち。

関東髑髏党におわれる沙霧(佐藤仁美)を行きがかりから助けた謎の牢人・狸穴二郎衛門(佐藤正宏)と玉ころがしの捨之介(古田新太)は、色街無界の里の主人である無界屋蘭兵衛(水野美紀)に匿ってくれるように頼む。
そこには関東随一の大太夫・極楽太夫(坂井真紀)、関八州荒武者隊を名乗る抜かずの兵庫(橋本じゅん)らがいた。
沙霧を追う髑髏党の斬光の邪鬼丸(山本亨)は、無界の里に隠れる沙霧を見つけ出し里を襲う。

そこに突然現われた天魔王によって捨之介と蘭兵衛たちの過去が明らかになる。
さらに天魔王の魔の手は捨之介の旧知の刀鍛治、贋鉄斎(梶原 善)にも伸びるのだった―――

引用:日本最大演劇DVDショップ イーオシバイドットコム

今回アカドクロ を見たので、やっぱり アオドクロ(市川染五郎主演)も見てみたいですねぇ。

それに、小栗旬くんが主演している「髑髏城の7人」も!

髑髏城の七人

これも見てみたいなぁ。

wowowさんでやってくれるのを楽しみにしておこう(笑)

 

☆wowowの加入方法はこちらにまとめています↓

wowowをお得に見る方法の裏ワザ教えちゃいます♪

 

 

とここで、ゲキ×シネって何?という人のために、ちょっとまとめてみたので、気になる方はぜひご覧くださいね♪

※長くなるので別のページに飛びますよ。ついてきてね~♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

騙し絵の牙 を読んで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

大泉洋をあて書きにした 小説「騙し絵の牙」 読書感想

 

 

「大泉洋をあてがきした小説???」

最初にこの「騙し絵の牙」のことを知った時、なんだそれ?と思ったのです。

で、よく作品について読んでみると…なるほど、主人公を大泉洋(ルックスや性格など)と見立てて書き上げられた小説だったんですね。

どんな話になるのだろう?実はそんなに面白くないんじゃない?

と多少不安だったものの、読んでみたい欲求に勝てずにさっそく購入♪

 

いろいろあって、ようやく読み終えました。

 

ズバリ! 予想以上に面白かったです。はい!

確かに主人公の速水は どうみても大泉洋その人でした(笑)

単行本の帯に 最後は”大泉洋に騙される”とでかでかと書いてあるんですが、読むと「確かに!!」と思います。

でも ただ単にそれだけではなく、すごくしっかりとした骨太な作品です。

会社組織の矛盾や、すべてにおいて 「過度期」と言われる今の世の中をどう生き抜いていくか ちょっとしたヒントにもなりそうな本でした。

簡単にどんな内容かまとめてみましたので興味ある方は読んでみてください♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

wowow 連続ドラマw プラージュ 最終話感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~最終話感想

Ⓒwowow

とうとう 最終回となりました。

あっという間だった… 

5回ってのは やっぱり早いよね。

 

先週 週刊誌に住人の過去の過ちが大々的に掲載されてしまい、世間の目が厳しくなっていたプラージュ。

その記事の出元のフリーライター早見陽一(眞島秀和)はプラージュから出て行き、何か記事を書いていた。ようやく書き終えてホテルからでたところで、もっとも大きく記事になっていた 美羽(仲里依紗)が何者かにさらわれるのを目撃。

慌てて その車を追いながら、急いでプラージュへと電話した。

 

という場面で第4話が終わっていました。

美羽ちゃんを助けることができるのか?プラージュのみんなはどうなるのか?

地味に一週間気になってしかたありませんでした。

さて、いよいよ物語はクライマックスへ。思わぬ展開が待ち受けていました。

では最終回 あらすじと感想をまとめました。

※ここから先はネタバレとなります。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アメリカ旅行には必須!ESTA申請(エスタ)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ハワイ旅行・アメリカ旅行に必要なESTAって何?

長期休暇に ハワイに行きたい! という方も多いとは思います。

海外旅行の必要なものは…パスポート と ビザ。

でも日本人は かなり多くの国でビザ(入国審査時に必要な査証書類)が不要なのですが、代わりに 電子認証が必要な場合があります。

それが ESTA(エスタ)と言われる 渡航認証システムです。

 

アメリカ(ハワイ)入国の目的が短期商用・観光等、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎを含む)、米国大使館でのビザ取得は免除されます。

が、渡航前にインターネットでESTA申請を行い渡航認証を受ける必要があり、この渡航認証システムがESTA(エスタ)です。

(事前にビザを取得して渡航する方はESTA申請は不要です。)

ESTA(エスタ)は、旅行の許容のための事前委任です。アメリカ(ハワイ)入国する72時間前には、ESTA申請を推奨しています。ESTA SKAYLINE JAPAN 公式HPより

 

ツアー会社などでも申し込めば事務手続きは行ってくれますが、もちろん 申請料とは別に事務手数料がかかります。

少しでも 雑費を浮かせたい! ちょっとでも無駄なお金は使いたくない!!

そんな方は 自分でしかも日本語で申請することができるESTA SKAYLINE JAPAN を利用してみてはいかがでしょう?

手順通りに入力するだけで 簡単に申請手続きができますよ♪

詳しくは 公式HPをご覧ください。

 

 

 スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

wowow 連続ドラマW プラージュ 第4話感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

全ての住人の過去が明らかに!プラージュ 第4話 感想

Ⓒwowow

 

いよいよ 物語も佳境に入ってきました!!

いやぁ、第4話は ほんとに 想像以上の壮絶な美羽(仲里依紗)の過去や加藤友樹(スガシカオ)の真相、オーナー潤子さん(石田ゆりこ)が「なぜ 犯罪者と呼ばれる人たちを受け入れているのか」など全ての登場人物の過去が明らかになって、もうかなり盛りだくさんな内容でした。

 

もちろん 原作プラージュ (幻冬舎文庫) [ 誉田哲也 ] は読んでないので、もうびっくりの連続で、かなり今ドキドキです。

仲里依紗の演技は 前から上手よね とは思っていたものの、今回さらにその演技力に引き込まれました。

この役は想像以上に背負うものが多くって やっててしんどかったろうな。と思わせるほど。

 

では 今週の プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~ のあらすじです。

※ここから先はネタバレになります。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket